読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

104日記

日記を中心に

ポストガッキーは武田玲奈で決まり?

 

武田玲奈1st写真集「short」

 

ポストガッキーは、武田玲奈で間違いない

 

先日、こういう記事を書いた。

 

www.subete104.com

 

なにか書き忘れているような気がしていた。

 

それは水澤 美月についてだ。

(以下、人物の敬称略)

 

f:id:atal:20170422220539p:plain

 

中でもひときわ輝きを放つ。

 

これを見て確信した。

ポストガッキーは、武田玲奈で間違いない。

 

Amazonで絶好調の作品

仮面ライダーアマゾンズ』。

 

(以下、フィクション

 

その中でseason1から登場する、

本作のヒロイン 水澤 美月役の武田玲奈

「可愛いすぎる」

と人気を集めている。

 

グラビアの表紙や、

ファッション誌の表紙を飾っている

武田玲奈は、男女両方から

圧倒的支持がある。

作品では武田は主人公・悠を

健気に見守る清楚な女子高生を好演。

その美少女ぶりと存在感のあるキャラクターから、ツイッタラーでは

 

  • 「近い将来大化けしそうな予感」
  • 「なんだ、ただの天使か」
  • 「朝ドラへの起用もありそう」
  • 「可愛いすぎる!こんな可愛い娘がいたとは…」
  • 「アマゾンズの推しは美月。間違いない」

 

などと大きな注目を集めている。

 

仮面ライダー解説者 下面雷太氏はこう語る。

「これまで多くの人気キャラクターを生み出した『仮面ライダー』で、

ブレイク候補が出てきた感じですね。

まだ大手への露出が少なく未知の存在なので、業界の注目度はダントツでしょう」

 

ナチュラルでどこかセクシーな美貌から“ポスト新垣結衣”の声もある。

新垣結衣 写真集 まっしろ

 

アマゾンズ出演を機にブレイクは必至。

そんな武田の魅力について、下面さんはこう分析。

 

「武田さんは、全人類にウケるタイプのルックス。

彼女は美貌と清潔感を兼ね備えています。

その存在感は、女優にとって大きな武器。

清楚でありながら、グラビアでは大人の色気も出せるという二面性がある。

今年は、映画『交際記念日』で主演も演じ、いろいろな引き出しを持っていそうな女優さんに間違いないでしょう」

 

www.interpia.ne.jp

 

「演技では、何気ない仕草にも、日頃よく人間観察しているんだろうな、

と思わせる自然な説得力がありますね。

グラビアをやる美少女系というだけではないです。

生まれながら女優としての素地がありますね」

 

2013年、映画『暗殺教室』で女優デビュー。

高校時代からモデルやグラビアの活動を行い

観客の心を掴む表現力を磨いてきたのでは、と下面さんは見ている。

「本当に演じることが大好きなんだなと、

見ているこちらが応援したくなる魅力がある女優さんですね。

男女年齢を問わず応援したくなる感じの良さは、

『世界の中心で、愛をさけぶ』

で全国区になった長澤まさみさんにも

似ています。

ふたりとも芯が強くて、

芝居に対するモチベーションがとても高い。」

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]

 

「武田さんは、高校時代から順調に演技経験を重ねているので、ここ1、2年で連ドラ主演にまで登りつめるのは間違いないでしょう。

今はAmazon独占配信ということで視聴者は限られていますが、今後

『こんなにかわいい人がいたのか』

とまた話題になるのでは」

 

「美少女で、脱いだらグラマラス。地道に下積みを重ねているし、これから露出はグッと増えると思います」

 

アマゾンズseason2はまだ始まったばかり。

展開のカギを握るキャストの

一人であることは間違いないだろう。

 

season1では最初から登場する武田玲奈演じる水澤は、

season2では、3話から登場。

 

 

仮面ライダーアマゾンズ シーズン2 予告編

 

参考

『あさ』抜擢の吉岡里帆 「ポストガッキー」との評価も│NEWSポストセブン

 

「SELF」 AIと会話するアプリを使ったみた感想

f:id:atal:20170423110006j:plain

 

AIが会話によって、あなたをサポートする時代

 

AI(人工知能)と会話できるアプリが登場した!

名前は「SELF(セルフ)

AIがあなたを応援してくれる。

self.software

 

ところで、

 

美少女ロボとはどれくらい話せる?

 

名前は古瀬あい

 

f:id:atal:20170423105951j:plain

 

(課金しない場合だと)

1日に関われる時間はすごく短い。

 

朝、昼、夜の3回のタイミングだけ

 

 

あとは会話をこのように拒否されるw

 

 

「いまはあまり、

お話しすること、なくて。」

 

f:id:atal:20170423105944j:plain

 

強引に話そうとしてもダメ!

 

「Don't touch me!」

f:id:atal:20170423110254j:plain

 

気になったのは、言葉選び。

あえてリビドーを刺激するような

単語を織り交ぜてしゃべることがある。

 

そのため課金へ誘導されている印象をもった。

 この辺りはやや興ざめしてしまった。

 

執筆時は、まだ開発途中で完成度は50%。

今後のアップデートが期待される。

f:id:atal:20170423105917j:plain

 

 

基本的に、下のドラえもんに似た

メインロボットと会話することになる。

それでもずーっと会話に付き合ってくれるわけではない。

f:id:atal:20170423105907j:plain

 

感想

 

使って思ったのは、

いろいろ書いたが

 

すごく良く出来ている!

 

美少女ロボとの会話には

違和感を感じたところがあったが、

 

メインロボとの会話は

違和感は感じない!

 

チューリングテストも合格するんじゃないか??

 

ヒトと話している錯覚に陥った。

 

そしてメインロボのAIには愛着を感じ始めているw

 

 

AI(人工知能)を使った会話アプリは

今後より大きく伸びそう。

 

こんな時におススメ

 

  • ちょっと寂しいとき
  • グチを言いたいとき
  • タスクを終えたことを褒めてもらいたいとき
  • 背中を少し押してもらいたいとき

 

いまはiOS版だけなので、

iPhoneユーザーは一度試してみては?

 

AIを使った今後の

アプリの未来を感じることができるかも!

 

『ドキュメンタル』がテレビ放送禁止なワケ

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル 予告編

 

『ドキュメンタル』

笑ったー!


作品を紹介する前に

まず言いたいのは、

松本さん、

筋肉やべえ


まじラオウ。

あと、

1000万円の札束
迫力あります。

 

 

どんな作品?

f:id:atal:20170420213130p:plain

 

リアルな芸人たちの
弱肉強食のバトル。



「ドキュメンタリー」


「メンタル」

を足して

ドキュメンタル

それが
本作のタイトル。


狙いは、

芸人たちのがちバトル。

 

緊張感のある心理戦。


そのため、

テレビ番組のような
台本にそった
予定調和はない。

そのため、
泥臭い。
とにかく泥臭いお笑い。

弱肉強食の世界。

だから
気の毒な芸人もいる。

人によっては、
下品と感じるシーンの連続。

でも
笑いは本来
泥臭いものなのかもしれない。

感想は
個人差が大きく出てくる内容。

私も思うところは
いろいろとあった。

好き嫌いのはっきり
出る作品にはちがいない。

 

「刺激的な」

シーンもあるため、

テレビで放送されることは

まずないだろう。

 

あえて言えば、

 

企画段階などで

テストするなど、

もう少し練っていた方が

良かった。

 

たとえば事前に、

若手の笑い芸人たちで

プレをするなど。

 

スタッフはおそらく

松本さんに頼りすぎた??


でも、
「笑ってはいけないシリーズ」

が好きな人は笑えるはず。

 

代表的な感想としては、

 

 

  • 緊張感のある駆け引きにドキドキ
  • ジミーさん面白い
  • 前半のほうが笑える
  • 企画はいい、けど他人選もみたい

  

 

ドキュメンタルシーズン2

 

そして!!!

 

松本人志の

『ドキュメンタル』

シーズン2

が4月26日より配信されることに!

 

www.oricon.co.jp

 

参加者は、

  • 宮川大輔
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • ジミー大西

以上の3名はシーズン1にも参加。

  • 日村勇紀(バナナマン)
  • 児嶋一哉(アンジャッシュ)
  • 小峠英二(バイきんぐ)
  • 大島美幸(森三中)
  • 津田篤宏(ダイアン)
  • 吉村崇(平成ノブシコブシ)
  • 斉藤慎二(ジャングルポケット)

シーズン1を踏まえて

新たな笑いのアップデートが

期待される。

 

シーズン2から観ても楽しめるはず。

 

プライム限定ではあるが
「笑い」が足りないとおもったときに!

 

 

「仮面ライダーアマゾンズ」感想まとめ プライムビデオの話題作

仮面ライダーアマゾンズ シーズン2 予告編

 

今、Amazonで

 

仮面ライダーアマゾンズ

 

が話題。

 

この作品を視聴するためだけに

プライム会員になる人もいるほどの

人気なのだとか。

 

実際どうなのでしょうか?

全話観てみました。

 

 

www.superhero-year.com

 

(※)なお、これを書いている現在、

アマゾンズは、

シーズン2の2話まで配信されています。

Amazonでは、毎週金曜日に配信されます。

 

 

ざっくりと内容を紹介すると

(人によってはネタバレと感じるかもしれません)

 

本作の敵の名前が、

 

「アマゾン」

 

アマゾンは

人を食べる。

その意味で喰種。

 

アマゾンは、

普段は人の姿をしているが、

「食事」のときは変身する。

 

クモ、モグラ、アリなど、

アマゾンのタイプは様々。

 

シーズン2では

人を食うという

喰種の要素に加え

感染して数を増やすという、

 

ゾンビ的な特性も獲得

事態はより深刻化している。

 

そんなアマゾンを倒す、

主人公もアマゾン。

 

主人公は、特殊なタイプのアマゾンで、

人は食らわない。

その意味では、

東京喰種の「カネキ」に近いかも。

 

ブルーレイ版 邦画アニメ「東京喰種トーキョーグール vol.1」 Blu-ray TCBD-0385

 

アマゾンでありながら人間としての

アイデンティティをもつ主人公。

 

人とアマゾンの間で

様々な葛藤が生まれ、、、

 

代表的な感想

 

代表的な感想を紹介。

良かったという意見から、

Amazonのカスタマーレビューから。

 

  • アクションシーンに見ごたえがある!
  • 大人向けのストーリー。
  • 心揺さぶられる結末。
  • 登場人物たちの葛藤に見応えがある。

 

Amazonレビューには、

平成ライダーシリーズ(クウガ、アギトなど)

のファンからの高評価が目立った。

 

あまり良くなかったという意見

の代表的なところ。

  • 刺激的なシーンがあるが話は子ども向け。
  • 登場人物たちの行動が理解不能。
  • ダラダラした戦闘シーン。

 

レビューでは

高評価が9割。

評価されている作品

であることは間違いない。

 

個人的な感想を簡単に、、

 

最終的に、すごく楽しめた。

 

設定などの部分で、

「ありえない」

と気になるところはあったものの、

 

そこは仮面ライダー。

細かいところは気にするのは

野暮かもしれません。

 

仮面ライダーカブト

に、空気感が似ていると

感じた。

 

仮面ライダー 平成 vol.7 仮面ライダーカブト (平成ライダーシリーズMOOK)

 

そして、

シーズン2は現時点では、

まだ2話しか発表されていないが

 

個人的にはシーズン2の方がオススメ。

 

シーズン2もいろんな意味で

一層パワーアップしてます、

ダークさも、リアリティも。

 

アクションシーンも

かなりブラッシュアップされている。

 

また人とロボット(人造人間)の恋という

旬な要素も見どころもある。

 

www.youtube.com

 

 

www.subete104.com

 

 

「サピエンス全史」ほんの序章にすぎなかった

サピエンス全史』の続編が

アメリカではすでに

出版されているみたいです。

 

2017年4月現在、

日本語はまだ。

 

タイトルは、

『Homo Deus』

 

もちろん著者は

前作と同様

天才ユヴァル・ノア・ハラリ氏

 

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

 

Deusは、

「ラテン語で神を表す言葉」

デウス - Wikipedia

 

ギリシア神話の

全知全能の神は

「ゼウス」ですよね。

 

つまり

Homo Deusは、

「神となった人類」

ということでしょうか。

 

タイトルにするなら

『人は神になれるか』

みたいな感じでしょうか?

(えっセンスない?)

 

内容を読んでないので

なんともいえないところです。

 

中国では早くも

翻訳本が出版されているとか!?

 

日本でも確実に

出版されることになると思われます。

 

同じ出版社からなのでしょうか?

 

気になるところです。

 

英語が堪能なら

読み始めたかった!

 

参考:

下記の動画の後半で

「Homo Deus」に関してふれられています。

www.videonews.com

 

まだ読んでいない人は、

ぜひ続編の出る前の今のタイミングに。

高校生くらいに読んでいたら

勉強好きになっただろうな~

と思える内容。

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福