104日記

 主に雑記。

スマホゲームは、たった2%課金ユーザーに支えられていた!?

 

f:id:atal:20160409154148p:image

 

1、スマホゲームの収益構造

 

0.2%のユーザーだけで

課金額の半分を支払って いた!

 

 

 

課金しているのは、

全体のたった

2%!

 

 

  • 課金額の半分は、
    たった0.2%のユーザーが支払っている。
  • 半分でなく、全体をみると
    2〜3%のユーザーが支払っている。
  • 98%のユーザーは、無課金。

 

こう見ると、

ほんと一部のユーザーに

スマホゲームは、

支えられているということですね。

 

 

もちろん、他にも

広告収入もあると思いますが。

 

 

でも課金しているのは一部のユーザー。

そのわずかな人たちが、

莫大な額をつぎ込んでいるのです。

依存的になっている場合もあるといえます。

 

 

スマホゲームの課金は

どんどん巧妙化しているそうで、

その中毒性が問題視されています。

 

 

「コンプリートガチャ」は

法に抵触している可能性を

指摘されています。

 

ちなみに、

スマホゲームの収益モデルは、

 「フリーミアム」と

呼ばれています。

 

 

スマホゲームの収益構造。0.2%のユーザーだけで課金額の半分を支払っていた! | TBSラジオ AM954 + FM90.5~聞けば、見えてくる~

 

 

 

2、ブラックバイト対処マニュアルを新一年生に配布

 

某私立大学が

ブラックバイト対処マニュアル

を配布。

 

 

大学が

無理な働き方を強いる

ブラックバイトの

問題点と対策をまとめた、

ブラックバイト対処マニュアルを作成。

新一年生全員に配布、

注意を呼びかけた。

 

 

48ページで

薄く読みやすい。

今後は、

全国でも500円程度で

販売するんだとか。

中身は濃いとのこと。

 

 

アルバイトで

学業が妨げられている

事例が増えてきたことに

大学側が問題視したため、

出版に至ったようです。

 

 

また、

労働基準法などの知識がない

学生がブラックバイトの

被害にあわないように

法律上の知識をつけてもらう

目的もあるといいます。

 

具体的に、

本書では、

 

  • 正社員と同じ業務をしているのに時給が上がらない
  • 希望を無視したシフトが組まれる
  • アルバイトには有給がないといわれた。
  • 販売ノルマがあり、達成できないと買取をさせられる。
  • パワハラ、セクハラ問題

 

 

などブラックな

項目に対して

それぞれの対策などが

掲載されている。

 

 

 

雇用契約書はバイトでも交わす

 

 

知識ほぼゼロで

ブラックバイトを避けるためには、

労働契約通知書(雇用契約書)

を提示しないような場所では、

働かないのが一番。

 

 

上場している企業で働いたり、

もしくは派遣会社を通して

勤務したりすれば

ちゃんと契約書を

交わすことになることが

多いと思いといえる。

 

結果としては、ブラックに

当たる確率は減らせる。

 

都合のいい人材にならないように

バイトはしっかり選びたい。

 

 

http://www.asahi.com/articles/ASJ306VT3J30ULZU008.html