104日記

 主に雑記。

ミトコンドリアを増やしあなたのエネルギーを高める3つの方法

「エネルギーの高め方」を紹介します。ポイントは「ミトコンドリア」です。

f:id:atal:20160512201924j:plain


エネルギー足りてますか?

エネルギーが足りていないと、やる気ができません。

集中力も上がりません。

サクサク物事を進められず、履歴書作成など就活も上手くできません。

そもそもエネルギー不足だったら「働こう」と思えないですよね。

エネルギーはどうすれば高められるのでしょうか?

ウイダーinゼリーやレッドブルを飲めばそれでいいのでしょうか?

今回、エネルギーの高め方を紹介します。

 

ミトコンドリアがエネルギーをつくる 

そもそも、エネルギーってどこで作られてるのでしょうか?イメージとしてはへその下の「臍下丹田」あたりでしょうか?

エネルギーは全身でつくられます。細胞でつくられています。具体的には、細胞の中にある「ミトコンドリア」という細胞内小器官でつくられます。

理科で目にしたことがあるかもしれません。
ミトコンドリアは、からだの細胞に対して、10〜20%を占めるほどあります。

いわばミトコンドリアは「バッテリー」みたいなものです。このミトコンドリアがぼくらの「電力」であるエネルギー供給してくれるのです。

エネルギーが落ちるとからだは不調をきたします。病気は、このミトコンドリアがつくる「エネルギーが不足している状態」だとする見方もあります。

だからエネルギーを高めるには、ミトコンドリアを増やせばいいのです

エネルギーが高まれば、あんたの日々のパフォーマンスも向上します

 

エネルギーを高める方法  

f:id:atal:20160514152452j:plain

エネルギーを高める方法、すなわちミトコンドリアを増やす方法を3つ紹介します。

  • 強めの運動
  • 寒さ
  • カロリー制限

 

強めの運動

理想としては、30分以上のジョギングやウォーキングです。

なんと適切な運動を続けた結果、ミトコンドリアが30%も向上したというデータも。

 

寒さにふれる

寒さにふれることでもミトコンドリアは増えます。これから暑くなる時期には、水風呂や水シャワーなでもよいそう。ただし人によっては注意してください。

 

カロリー制限

一週間のうち1食分を抜くだけで効果があるそうです。
週末のどれか1日の中で1食抜いてみたりするのが始めやすいかもしれません。

「ミトコンドリアを増やす」という観点からは、登山とか良さそうですね。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらが参考になります↓

体を若返らせる「ミトコンドリア」をふやす極意をお伝えします|オールヒューマン