104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

【メンタルに効く】犬や猫を見習って日光浴をしよう!

f:id:atal:20160515183048j:plain

日光浴したら気分が良くなりました。さいきん、太陽の光浴びてますか?

 

ここ数日、移動などで太陽の光をがっつり浴びました。そしたら、心が前向きになりました。サンサンと降りそそぐ太陽の光を浴びると、それだけでネガティブな心が浄化されます。

 

あらためて太陽のすばらしさに気がついたのですが、世間の空気は、日光に冷たいです。天気予報などでも不安を煽っていると思われても仕方ないくらい強く主張しています。

 

そんなスッカリ恐怖の対象になった太陽の光。ここであらためて日光の良さを調べてみました。本来、日光は自然の恵みのなかで最もすばらしいものであるはず。

 

 

こんなにすばらしい日光の効用f:id:atal:20160515124726j:plain

  • 日光のプラスの効果
  • ビタミンの合成が行われる
  • 病気のリスクを減らす
  • 肌の殺菌作用
  • 認知症予防
  • うつ予防、改善

まったく日光を浴びないのは、それはそれでもったいないことかもしれません。

 

 

そもそも日光はそんなに悪いのか?

肌の色はメラニンの量によって決まります。

黄色人種である日本人は、白人よりもメラニン量が多いです。

肌の色はその人種の長い歴史の過程で徐々に定まってきたものです。

日本人は、日本の太陽の光によって障害が起こらないように肌の色を変えてきたわけです。

 

ぼくらは日本の日光に最適化されている

僕らの肌の色は日本の太陽の光に最適化されている状態です。だからことさら恐れる必要はないはずです。基本的には、日本の太陽光の範囲であれば、通常の生活を送っても問題がないようになっているのです。

 

日本に生まれて日本人の遺伝子を受け継いでいる以上、最低限の防御力は保持されていうわけです。もちろん、かつてよりも自然が減り、木陰などが減っている分は考慮しなければならいでしょうが。

 

紫外線ビジネス 

なぜここまで敵視されているのか?

それは「ビジネス」が大きく関係しているのではないでしょうか。

紫外線ビジネスです。

もし、「べつにそこまで対策は必要ないですよ!」なんていったらモノが売れなくなって大変です。でもそのせいで、日光に対して必要以上の恐怖を与えているのではないでしょうか?

これも「過剰反応」の一例かもしれません。

 

まとめ

  • 日光に全く浴びないのはそれはそれでもったいない
  • 一日数分は日光を浴びよう
  • 一歩引いて考えてみる

 

追記

それでもやっぱりシワやシミ、日焼けなどのリスクがこわい!

という人はいると思います。

そこでおススメなのは、手のひらに太陽の光を当てること

手のひらに日光を当てるだけも効果があるといわれています。

太陽光は、手のひらを使うと効率的です。手のひらにはメラニン色素が少ないため、日焼けせず効率的にビタミンDを生成できるそうです。手のひらに太陽があたるように手のひらを上に向けるだけで十分です。

手のひらを太陽に向けてビタミンを補充!ビタミンDで認知症予防 | 健康生活

 

参考

takedanet.com