104日記

日記を中心に

『酒井若菜と8人の男たち』を読んだ

酒井若菜と8人の男たち

『酒井若菜と8人の男たち』の感想です。

安心してください、「ネタバレ」なしです。

ちなみに、8人の男は、マギーさん、ユースケ・サンタマリアさん、板尾創路さん、山口隆さん、佐藤隆太さん、日村勇紀さん、岡村隆史さん、水道橋博士です。

 

寝れない夜に

酒井若菜さんは、文章を書くとき、「寝れない夜を過ごしている人」を読者として想定しているらしい。

私は本や文章を書く時にターゲットが「寝れない夜を過ごしている人」と限定して書いている。どんな文章も。寝酒代わりじゃないですけど、そういう感じで読んでもらえるように

 

映画を観ているような読みごたえ

本書は、一般的なタレントの対談本とはちょっと違う。

全体を通して「ストーリー」がある。

「伏線」も。

 

そのため映画を見ているように読めた。

読後はどこか温かい感動をもつ人が多いはず。

 

エッセイ

一つひとつの対談の後には、酒井さんのエッセイがおさめられている。

エッセイも本書の魅力の一つ。

酒井さんは、「おバカキャラ」の役で有名になったといわれる。

 

一方でその役の印象とは反対に、文章には以前から定評があった。

ファンも多いという。

 

長文ブロガー」という言葉は

もともと酒井さんを指して使われたといわれているほど。

 

対談相手の「素」が垣間みれる

まず対談の企画ありき、のような印象を受けない。

それは、今回の対談者の8人と酒井さんとの間に強いキズナがあるからではないか。

そのため、登場人物それぞれの人間味というか、生身の部分が少しかいま見れた気がした。

 

またすでに話題となっているように、

「マジか!!」という事実が本書で明らかにされる。

これは読んでからのお楽しみ。

 

あえて言うなら

ただ本書に、あえてひとつ言うとすると、ボリューム、すごすぎ。

そこが読むハードルを上げてしまっているかもしれない。


手に取った時、まず思ったのが、「重っ!」ということ。

そして本を開いてその分量にびっくり。

それでも読むと、もっと量があってもいいかなと思うから不思議。

 

「疎遠」を感じているなら

この本を読みながら思ったのは、人との「縁」について。

人と関わることは個人的にはめんどくさを感ることが多い。

そのためぼく自身多くの友人と疎遠中。

本書を読むと、人と関わることは、思っているよりもわるくない。

むしろ「豊か」なことなのかもしれないと思えてくる。

 

これから会う人や、今つながっている人との縁は大事にしていきたい。

このように思えた。

 

友人などと疎遠になっていると感じる人はぜひ読んで損はない。

連絡を後押しをしてくれるかもしれない。

 

もちろん、眠れぬ夜に「読みぐすり」としても。

 

酒井若菜と8人の男たち

酒井若菜と8人の男たち