104日記

 主に雑記。

3週目 瞑想レビュー 瞑想中の退屈さを減らすには?

Meditation

最初のうちは10分間目を閉じてじっとしているのもツラく感じるかもしれません。

じっと座っているためのコツを紹介します。

 

瞑想中の退屈を和らげるには?

ポイントは、「感覚」に意識を集中させること。五感に集中します。

たとえば、座っているときにお尻にかかる体重。肌に触れる空気の感覚。うでの重さ。足の感覚。吸う息が鼻を通る感覚。息を吐くときに体の力が抜けていく感覚。聞こえてくる音、音楽。

このような感覚のそれぞれに注意を向けてもいいですし、どれかに絞ってもいいです。いずれにしても感覚に注意を向けることで、退屈さはさほど感じないようになります。

 

追記 瞑想3週目レビュー

  • 瞑想中の心地よさといった「瞑想体験」は、2週目とあまり変わらなかった
  • 昼くらいにやることが多い。そのため眠気を感じている時が多く、結果としてお昼寝(シエスタ)になることもあった。

シエスタ…昼食後の昼寝(siesta,スペイン)

  • それでも習慣化にとって大切な地点である21日を経過した。
  • ここまでやれたポイントあげるとすれば、無理のない範囲で続けたこと

最初から、「1日30分やる!」というルールにしていたら、たぶん挫折していたかもしれない。

  • またやり方にしても、座り方も「結跏趺坐」で、呼吸法も○○でなどとルールをしっかり決めていたら、これまた続けられなかったかもしれない。
  • ここまで決めたルールといえば、1日15分やる、ということだけ。だから無音でなく、音楽もかけながら取り組んでいた。

来週からは、サイレント、無音でやってみようと思う。

  • あとは、取り組む「(場所と)時間」を決めたことも大きかったかもしれない。

瞑想は、書いたように昼過ぎにやることが多い。明確に決めたわけではないが、だいたいこの時間に固定されつつある。
やってのける』でも何かをやり遂げるには「時間」と「場所」を決めるのが大切であると紹介されている。

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

 

 

 

hoboneety.hatenablog.com

 

 

hoboneety.hatenablog.com