104日記

日記を中心に

【映画】「シビル・ウォー/キャプテンアメリカ」感想

 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ-オリジナル・サウンドトラック

 

「シビル・ウォー」にシビレた!

今更ですが、やっと『シビル・ウォー』観ました!

めちゃめちゃ面白かったです!
まさにアクション映画としての最先端。アクションも良かったですし、映画としてもクオリティ高かったと思います。

あと、子どもの頃、戦隊ものや仮面ライダーなどを見て育った人はその頃の「童心」にカムバックするはず。前半からとてもグッとくる場面が多いです。

その意味で、女性は楽しめるんでしょうか?お客さんはやっぱり男性多かったですね。

DVDだとだいぶ印象変わると思います。まさに劇場の大スクリーンで観るべき映画です。もう公開している劇場も少なくなってきていますが、気になっている人は、見るべきです。「デッドプール」と迷ったのですが、シビルウォー見ておいて良かったです。

 

シリーズの「締め」にふさわしい作品

今回の『シビル・ウォー』は、『ザ・ファースト・アベンジャー』、『ウィンター・ソルジャー』の続編で、キャプテンアメリカシリーズの「締め」の作品になります。

正直、評価の高い、ウィンターソルジャーまだ観てないんですけど、十分楽しめましたよ。個人的には、アベンジャーシリーズを一本でも観てればなんとかついていけるとおもいます。

ただ、やっぱり前作を見ないとダメっていうのがコンセンサスではあるとは思います。

ともかくシリーズの「締め」にふさわしい作品だったと思います。

 

DC vs マーベルの行方は…?

Ost: Batman V Superman

今回DCと比較するとはっきりと明暗が分かれましたね。
ヒーロー同士の戦いということでは、DCも『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』がありました。
なんでも「シビルウォー」は、「バットマン vs スーパーマン」DCの企画にぶつけてきたということらしいです。今回は見事マーベルが「してやったり」ということかもしれません。

それにしても、物語が、市民が戦いの犠牲になっていることに端を発しているという意味では似ていましたね。それでもまったく違った内容に見えるから不思議。

個人的には、ノーラン監督のバットマンが好きなので、ポジション的には、DCよりなのですが、今回思いっきりマーベルに心掴まれました笑 

X-MENに似てない?

「X-MEN: フューチャー&パスト」の世界 (字幕版)

アベンジャーズは、ソーやハルクなどこれまでも何名か「チート」がいたものの、まだ人間身の多いキャラが多かったように思います。一方今回は、かなり人間越えしているキャラが増えてきたように思います。「ビーム」に「爪」、「超能力」と、これX-MEN?って錯覚することも。X-MEN的な絵が多かったように思います。

ヴィジョンやワンダなどもうミュータント的です。(もしくはそれ以上、ワンダは出自的にまあそうなんですけど)
同じマーベルなので当たり前といえば当たり前なんですけどね(配給は違うそう)

でもこれで確実に「人間・デアデビル」が参戦する余地がなくなってしまったのではないでしょうか。(アベンジャー専属の弁護士でいいから登場してもらいたいです)

似ているのはもちろん批判じゃなくてむしろXMENチームも合流してほしいのでむしろ歓迎です。

 

続編決定!「インフィニティウォー」へ

今回とても面白かったので、早くまたキャプテンアメリカを見たい!と思い調べたら、新しいシリーズ控えてるようですね!
登場するキャラクターもシビルウォーの3倍という噂もあるようですし。こっそり「カプコン」チーム紛れてたって気付かれないレベルじゃないでしょうか笑

新しいシリーズは「インフィニティウォー」という2部作ということ!

youtu.be

 

XMENといえば、最新作がまもなく。

youtu.be