104日記

 ダイエット、投資、読書、北朝鮮情勢、心理学など主に雑記

【スーサイド・スクワッド】 「キャラが立つ」とはこういうことか!

映画 スーサイド スクワッド ポスター 42x30cm 2016 SUICIDE SQUAD バットマン フロイド ロートン デッドショット ジョーカー ハーレイ クイン ハーレー クィン ウィル スミス ジャレッド レト マーゴット ロビー ベン アフレック [並行輸入品]

 

 

『スーサイド・スクワッド』やっと観ました!

 ネタバレなしのレビューを。

 

まず、

 

デッドショットかっこいい!

さすがはウィル・スミス

でも悪党には見えないw

 

あとはなんといってもハーレイ・クイン

本作はある意味、ハーレイ・クイン映画。

マーゴット・ロビーの存在感、圧倒的。

 

キャラが立つ」とはこういうことなのか、

と思わされました。

 

ただ点数としては、

 

75 点

 

満足度としては

合格点にいっている。

 

キャラクターもいいし、

映像も迫力があってかっこいい。

だから観てよかった!

 

けど、個人的には不完全燃焼。

 

理由は後半で。

 

本作は『バットマン vs スーパーマン』の続編

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(字幕版)

今回は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

の続編になっている。

 

世界設定が引き継いでいるため、

ストーリーだけでも調べてから観たほうがよい。

 (観なくてもそこまで問題はない)

 

本作の続編も決定しているようです。

映画内でもそれは明らかにされます。

まずは二本立て感覚で観るのもアリだとおもいます。

 

 

悪党なのにいい人たちにしか見えない?

ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション [DVD]

 

レビューに以下のようなものが目立ちました。

 

  • 悪党なのに非道さを感じない
  • むしろ善人じゃん
  • もっと悪く描いてほしい

 

たしかに悪党たちは「らしく」ない。

 

「犯罪者」集団にも拘わらず、

仲間との絆を大事にしたり、

献身的なふるまいをしたりします。

 

中途半端、

どっちつかずと

思われてしまいかねない演出。

 

このあたりに消化不良を感じているかもしれません。

 

でもあえてそう描いていると思います。

そしてわかりやすい善悪二項図式にしなかった。

観客のカタルシスを多少犠牲にしてでも。

 

その理由は、デヴィッド・エアー監督の作家性にあると思います。

この意味でウィルスミスがデッドショットを演じたのは納得。

 

この点についてはこちらの記事を。

 

hoboneety.hatenablog.com

 監督としては、

「正義の側だって悪党と同じくらい

(時にはそれ以上に)汚いことやってるよね」

ということを暗に伝えているのかもしれません。

 

75点である理由は、

前作の『バットマン・スーパーマン』にも感じたのですが、どこかリアリティに欠けるとこ。

 

そのため作品世界への没入感が低かったです。

(IMAXで観たのに!)

 

映画にリアリズムをどこまで求めるかは、人によっていろいろだと思います。

 

個人的にはもう少しリアリティ、設定を詰めてもらいたかったです。

観る人が観れば、

別に本作において

そこは重要じゃないのかもしれませんが。 

 

たしかなのは、

主役の魅力。

また一人でも楽しめますし、

だれかと一緒に観るのにも向いている映画です。

悪が主役なのでエログロ多そうですが、意外と少ない(てか全くない)

エンターテインメント映画として誰にでもおすすめできる映画です!

 

wwws.warnerbros.co.jp