104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

jQueryでCDNを使う方法

jQueryクックブック

CDNでjQueryを使う

 

CDNとは

CDNを使うと、jQueryをダウンロードせずに使うことができます。

 

ダウンロードで使う場合には、

jQueryライブラリをサイトのディレクトリに配置します。

 

CDNを使うと、ディレクトリに配置する必要はなくなります。

 

CDNを使うことでブラウザ実行時にWeb上にあるJQueryライブラリファイルが読み込まれ動作します。

このためブラウザ確認時にはインターネットに接続している必要があります。
オフラインではエラーになります。

 

CDNとは、「Contents Delivery Network」の略。

jQueryのようによく使われるライブラリファイルなどを効率良く配信する仕組みです。

 

CDNを使う方法

CDNでjQueryライブラリを読み込むには、<title>タグの次に以下の記述をします。

 

<script src="https://code.jquery.com/jquery-x.x.x.min.js"></script>

 

x.x.xのところはバージョン名になります。

新バージョンは、以下のサイトから確認できます。

http://jquery.com/download/

全バージョンを確認するには以下です。
もし古いバージョンを使うときは以下を参考にバージョンを指定します。

https://code.jquery.com/jquery/


googleのCDNを使う場合には、
https://developers.google.com/speed/libraries/#jquery

 

参考

jQuery レッスンブック jQuery2.X/1.X対応

jQuery レッスンブック jQuery2.X/1.X対応