読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

104日記

日記を中心に

面白いテレビ番組? ワイドナショー観ればいいと思うよ

木部本 (一般書)

今週ベッキーさん出るらしいよ。

 

www.oricon.co.jp

 

フジ低迷している? 

 

フジはなんであそこまでネットで叩かれるのか?

フジが本当に低迷しているのかどうかはわからない。

 

 

ただ、日曜日の10時からの1時間少々。

この時間帯のフジは熱い。

 

 

それは「ワイドナショー」があるから。

www.fujitv.co.jp

 

シンプルに笑える

 

報道番組ということになっているが、

ぼく自身はお笑い番組だと思っている。

 

シンプルに笑える。

 

気持ちがスッキリする。

 

笑いはやっぱりすごい。

 

メンタルがリセットされる。

 

 

なんで面白いのか?

 

この番組の最大の特徴は、

松本人志」というキングの存在。

 

あとはクレームを恐れないスタンス。

 

他の番組と比較しても一線超えてる。

明らかに空気感が違う。異色。

 

スポンサーがついているのに

よくできるなって関心するほど。

ネット番組ならまだしも。

 

 

それくらい松本さんをはじめ

他のコメンテーター陣も攻めた発言をされている。

 

松本さんの発言に関しては、

人によって賛否あると思う。

 

ただ、どんなコメントを言うにしても

最後には笑いに落としてくれる。

 

芸人に徹している

 

コメンテーターになろうとしていない。

あくまで芸人として、

観ている人が楽しめるコメントをしているように思う。

 

コメンテーターになったとたん、

芸人でなく「コメンテーター」になるパターンは多い。

松本さんの立場だから許されるところもあるのかもしれません。

 

それでもコメンテーター化せず、

あくまで芸人に徹している点が、

他のニュース番組にない

新鮮さを与えていると思う。

 

 

なぜはじめたのか?

 

ニュース番組への出演にリスクしかないと語る松本さん。

 

なぜ始めたのか?

その理由は以下。

 

「芸能人の味方ができる番組がしたかった」

 

 「ああいう番組で、散々叩かれた人を、『いやいや、芸能人っておかしな人たちの集まりだよ』っていうフォローができる番組をしたくて、もともと始まった」

 

 

そういうある意味

自らの私利私欲でなく、

利他的なスタンスで始めたことも

観る人に(少なくともぼくに)

良い印象を与えるのかもしれない。

 

 

ネット記事を読むときの注意点

 

ワイドナショーは他のどの番組よりも、

ネットニュースになる。

 

テレビ番組とニュース記事を比べるとわかるように

 

ネットの記事は都合のいいように切り取られている。

 

文脈が捨象されている。

文字は、映像と違って情報量が少ないから仕方ないのだけれども。

でもそのために色がつく。

 

笑えたコメントも文章になると笑えなくなってしまうこともある。

 

できれば番組は映像で。リアルタイムあるいは録画で。

松本人志 仕事の流儀(ヨシモトブックス)

松本人志 仕事の流儀(ヨシモトブックス)

  • 作者: NHK「プロフェッショナル」制作班
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2011/06/28
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る