104日記

 ダイエット、投資、読書、北朝鮮情勢、心理学など主に雑記

耳が痛いことはAIに言ってもらおう

f:id:atal:20160815211550j:plain

 

「検索」を人口知能が分析

 

下記のサイトでは人口知能によって

検索結果が分析されている。

そこから様々な「リアル」が垣間見える。

 

【いい夫婦の日調査】彼氏には「サプライズ」旦那には「死」を!? ~恋人と夫婦のWeb検索傾向の違いを分析~ | ミエルカブログ

 

一部紹介したい。

 

「彼氏」「彼女」という言葉は、

「プレゼント」と一緒に検索されることが多い。

 

これは「相手を喜ばせたい」

という心理の現れと分析されている。

 

また「彼氏」は「キス下手」というワードで検索されることがある一方、

「彼女」は「キス避ける」というワードで検索されることが多いのだとか…。

 

ここからわかるのは

男女の「経験値」の差か。

女子の方が相対的に高い。

 

【彼氏】【彼女】が起点の検索は、プレゼントについてが主。「パートナーを喜ばせたい」心理が見られました。


「妻」の検索で目だったのは、「妊娠」「扶養」「イライラ」「家出」。

ちょっと不穏な感じなキーワードも一緒に検索されている。

 


「夫」は「小遣い」「呼び方」。

意外と呼び方が定まっていない奥様が多いのかもしれない。

 

 

「旦那」の検索では、「死ね」「ムカつく」

というワードが目立ったということで、

奥さんが『旦那』と口に出していたら、

注意が必要かもしれない?

 

時に「リアル」は、残酷だ。

 

耳が痛いことも言うのが

ある意味でAIの良さかもしれない。