読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

104日記

日記を中心に

衝動買いをやめるには?サンタクロースにご用心

f:id:atal:20161127094957j:plain

 

衝動買いを辞めるポイントは?

 

サンタクロース」に注意すること。

 

サンタクロースとは?

 

サンタさんではありません。

 

でもこのクリスマスシーズン、

 

何かと出費が増えます。

 

サンタクロースとは、

 

三択ロースのこと。

(ロースに意味はありません)

 

三択の選択肢のこと。

 

三択に気を付けるべきということは

ご存知の方もいるかもしれません。

 

ぼくも知っていました。

 

そのつもりでした。

 

でもまったくわかってなかったです。

 

有名な三択の例としては、

 

「並」「上」「特上」

 

このように安・中・高の

三つの値段が設定されていると、

人は無意識に真ん中を選んでしまうというもの。

 

ご存知の方も多いと思います。

 

でもこれはもう少し深いものでした。

 

ポイントは「仲間外れ」。

 

次のような実験があります。

 

  • 15万円の「乗継便」のフランス旅行
  • 30万円の「直行便」のフランス旅行

 

この二つならどちらを選ぶか?

 

多くの人は上の選択肢を選びます。

乗継便の15万円の方を選ぶということ。

直接行けるとはいえ、2倍は出せないですよね。

 

 

ところが…

 

  • 15万円の「乗継便」のフランス旅行
  • 30万円の「直行便」の「豪華」フランス旅行
  • 30万円の「乗継便」の「豪華」フランス旅行

 

このような選択肢はどうでしょう?

値段は15万円と30万円の2種類だけ。

 

この一つ選択肢を加えるだけで、

真ん中を選ぶ人が多くなるのです。

 

上の3つを見ると、

一番上の15万円のプランが仲間外れ

 

そうすると一般的な傾向として、

「仲間外れ」になった

選択肢は候補の中から外れます。

 

結果、真ん中を選ぶということ。

 

だがここに「30万円乗継便」を加えると、あら不思議、なんと多くの人が「30万円直行便」を選択するようになったのだ。

実は、「30万円」と高額なのに「乗継便」と明らかに不便なプランは、注目を集めるための“おとり”。ふたつの「30万円」プランを見比べるうちに「同じ値段で直行便ならオトク!」と勘違いしてしまうのだという。

 

なぜこのような結果になるのか?

それは人の「脳のクセ」によります。

この脳のクセは、人が社会的な動物であることに関係しています。

 

仲間外れ」を避ける傾向が人の脳にはあるのです。

 

じゃあどうするか?

それは、3ついっぺんに考えないこと。

 

順番に2つずつ比べていけばいいのです。

 

まず15万円の乗り継ぎと、

30万円の直行便を比べる

といった具合に。

 

池谷さんはここにも野生動物としての名残があると言う。集団生活を営むヒトは元来、仲間はずれを嫌う生き物。極端に異なる選択肢は排除し、中庸を目指してしまうのだという。

 

 

「三択」があったら「二択」にせよ! 

 

www.nhk.or.jp

www4.nhk.or.jp

 

 

 

 

追記

 

 

今回のことは、

人間関係の三角関係を解決するする

ヒントになるかも(?)