読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

104日記

日記を中心に

就活したいけどブラック企業がこわいです。どうしたらいいですか?

訓練は残すとこあと一ヶ月。

 

訓練は忙しいけど、

そろそろ就活もやっていきたい。

 

個人的に就活シーズンに突入する時期。

 

そんな矢先、

 

ネットで「ブラック企業」について

話題になっていたので、

 

その記事を紹介。

 

これを読むと

ヤフトピあたりに

以下のような質問をしたくなります。

 

就活しようと思うのですが、

ブラック企業がこわいです。

どうしたらいいですか?

 

まずユニクロについての記事。

 

個人的にユニクロは愛用しています。

 

シャツ、ジーンズ、靴下、スリッパなどなど

とてもお世話になっています。

そのため、ユニクロには感謝しています。

 

でも以下の記事を読むと、

少し考えてしまいます。

 

もし「買う」ことが「投資」であり、

その企業を応援するという側面があるなら。

今回の記事が事実であれば、

今まで通りではいられません。

 

下のネット記事はあくまで概要。

今週の「文春」に詳細が書かれています。

 

想像以上に現場は「過酷」でした。

これが日本で起きているのか?

となかば信じがたいものでした。

 

今度、店員さんをみたら思わず抱きしめたくなりそうです。

(大丈夫です、実行しません)

 

でもアパレルの世界では「ふつう」なのだろうか…。

 

ぼくがアルバイトで務めたことがある

家電量販店はこのようなブラックさはないように見えた。

 

先週取材した記者の方は

ピューリッツァー賞レベルだと思いました。

ジャーナリストの鏡。尊敬します。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

週刊文春 12月1日号[雑誌]

週刊文春 12月1日号[雑誌]

  • 作者: 伊集院静,林真理子,みうらじゅん,町山智浩,宮藤官九郎,尾木直樹,近田春夫,土屋賢二,宮崎哲弥,柳家喬太郎,辛酸なめ子,東海林さだお,益田ミリ,桜玉吉,伊藤理佐
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/11/24
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

ADはブラック?

 

ADが「ブラック」であることが多いというのは

皆さんと同じように知っていました。

 

でもこの記事の内容も思っていた以上でした。

 

ADの方たちのおかげで

たとえば朝の情報番組などが制作でき、

ぼくらが観れているわけですが、

 

この現状を見ると、

はっきり言ってテレビ番組を

見るのは控えたくなります。

 

ぼくらができることは何でしょうか?

見ないことで現状のモデルを否定することはできるか?

何ができるかはまだわかりません。

 

でも今は、今この時に働いているだろう

すべてのADの方たちに

感謝を伝えたい。

  

headlines.yahoo.co.jp

 

withnews.jp

 

 こんなランキングもあるみたいです。

「ブラック企業四季報」みたいなのがあればいいのに。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

このような記事を眺めていると、

かつてのリポDのCMの

ワンフレーズが思い出されます。

 

夜景は残業でできている

 

 

電通 洗脳広告代理店

電通 洗脳広告代理店

 

  

求人詐欺 内定後の落とし穴

求人詐欺 内定後の落とし穴