104日記

 主に雑記。

1日30品目は時代遅れ?食事の新常識

f:id:atal:20161219111829j:plain

疲労回復に効果的な食事とは?

 

第4回トップアスリートも実践する『疲労回復』の技術」から

中野ジェームズ修一さんの提案するダイエット法を紹介。

 

 

www.tbsradio.jp

 

疲労回復に効果的は食材はあるか?

 

答えは、ない。

 

ということ。

 

何を食べるかよりも

どう食べるかが大事

 

どのように食べればいいのか?

 

バランス良く食べる

 

これに尽きる。

 

1日30品目とらなければいけないのか?

 

「30品目」今は推奨されていないという。

それだけとると、

オーバーカロリーになる。

 

そこで少なくとも

1日14品目摂るようにする。

 

14品目は以下。

 

  • 穀類(炭水化物)
  • 肉類
  • 魚介類
  • 豆、豆製品
  • 牛乳、乳製品
  • 緑黄色野菜
  • 淡色野菜
  • きのこ類
  • 芋類
  • 海藻類
  • 果物
  • 油脂
  • 嗜好品(コーヒーなど)

 

1品目1日1回

 

重要なポイントがある。

 

それは、

1品目、1日1回だけ。

 

たとえば、朝に肉を食べたら

その日の昼と夜に肉は食べられない。

代わりに魚などにする。

 

このルールも

オーバーカロリーを防ぐことが目的。

1日肉料理を数回とると

オーバーカロリーになる。

 

一方、野菜も一日に3回摂る必要はない。

朝に山盛りのサラダを食べたなら、

その日はもう摂らなくていい。

 

野菜が健康にいいわけじゃない

野菜健康にいいということ。

 

例外としてごはん(穀物)と

調味料は、重複してもオーケー。

 

一日14品目摂るのは大変?

 

一日で14品目を摂るのはたいへん。

 

まずは、1週間で帳尻を合わせるようにする

続いて、三日で帳消し。二日で帳消し。

とだんだんとレベルを上げていけばいい。

 

最終的には、1日にバランス良く摂ることを目指す。

 

trendy.nikkeibp.co.jp

 

仕事力を上げる「脱疲労」「脱ストレス」の技術 フィジカルエリートが実践する

仕事力を上げる「脱疲労」「脱ストレス」の技術 フィジカルエリートが実践する

 

 

 

hoboneety.hatenablog.com