104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

禅とローグ・ワン

ROGUE ONE: A STAR WARS

禅の視点から『ローグ・ワン』を

振り返ってみたいと思います。

 

その前に作品に

ついて少し触れたいと思います。

 

 

ローグワンの注意点

「ローグ・ワン」は、

スター・ウォーズのスピンオフ作品です。

時系列としては今回の話は

エピソード4の前のストーリー。

 

注意点としては

エピソード4を観ていることはマスト!

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (字幕版)

 

プリクエル好きでも楽しめる?

エピソード1~3のプリクエル(前日譚)

世代で、プリクエルが好きなぼくとしては

どこか物足りなさや疎外感はやはりあります。

これはエピソード7にも感じたことです。

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]

それでも全体としてよかったです。

スターウォーズが好きなら

本作は楽しめます。

 

映画のルックも

綺麗な画が多いです。

 ストームトルーパーとビーチの相性いい!(暑そうだけどw)

 

本作は、

「せつないエンタメ」作品だと思いましたが、

スピンオフとして、

正史(カノン)に深みを

与えたことになったと思います。

 

そんな本作を「禅」から

考えてみたいと思います。

 

一志不退

SCREEN(スクリーン) 2017年 01 月号 [雑誌]

主人公のジン・アーソは、

強い信念で突き進む。

父の意志を継ぎ、大義のために

ひるむことなく危険に飛び込んでいく。

 

一志不退…志と共に歩き続ける

 

長い人生を歩む中で、

希望を見出せないこともある。

でも、どんな状況になっても

希望が全くない人生などない。

 

与えられた一生をどう過ごすか。

一度志を立てたら、

決して退かず進み続ける。

他人の意見に惑わされたり、

一時の欲望に迷うことなく

希望、志とともに歩む。

それが一志不退。

 

まさにジン(Jyn)は一志不退を

体現しているのではないでしょうか。

 

ちょっと長くなったので

続きは今度。

starwars.disney.co.jp

www.youtube.com

 

参考

スター・ウォーズ 禅の教え エピソード4・5・6

スター・ウォーズ 禅の教え エピソード4・5・6