読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

104日記

日記を中心に

【NHKスペシャル】 #長時間労働|私たちのこれから Our Future 覚え書き

 

【NHKスペシャル】 私たちのこれから Our Future#長時間労働

を観たのでそのメモと感想。

 

 

www.nhk.or.jp

 

 日本企業の半数以上が残業時間40時間超え

 

  • 過労死ラインである‟80時間”を超える
    残業がある企業は、20%以上。
  • 40時間以上、残業がある企業が
    全体の半分以上を占める。

 

残業の3つの要因

 

  • 業務量が多い
  • 人手不足
  • 顧客からの不規則な要望

 

そのため、 

業務量がそのままであれば

規制をしても効果は薄い。

 

日本の労働生産は低い?

 

  • 他の先進国と比べて日本の
    労働生産性は、3分の2程度。

労働生産性とは

働く人ひとりが一定時間にどのくらいモノやサービスを生み出すか

ということ。 

 

酔っているのと変わらない

 

長時間労働と能率に関する研究によれば

 

朝起きてから13時間を超えると能率が急激に低下していく。

そして17時間を超えるとお酒に酔っているのと同じ程度の

能率になると言われている。

 

つまり朝6時に起床した場合、

夜23時を超えからの仕事は

バーや居酒屋で仕事をしているのと

変わらないということに。

*1

 

現実に残業を減らすのは難しい?

 

とはいえ、番組内のアンケートでは

7割以上の人が、「残業を解消できない」

と答えた。

 

注目があつまるインターバル規制って?

 

インターバル規制とは、勤務終了時から

翌日の始業時までに、一定時間、間隔をあけること。

EUでは11時間のインターバルがあるそう。

「勤務間インターバル規制」とは? - 『日本の人事部』

 

競争している以上、

企業の自主的な取り組みは

むずかしいのかもしれない。

 

なんでも行政に頼るのは良くないかもしれないが

この問題は率先して法規制などの対応が必要かもしれない、

と視聴して思った。

 

今のままだと少子化などの問題は改善されない。

 

 

また、残業が健康に

影響を及ぼす場合があるという。

この機会にセルフチェックしてみては? 

 

www.nhk.or.jp

 

今のところ再放送の予定はないそう。

NHKオンデマンドなら視聴可能。

www.nhk.or.jp

 

新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする

新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする

  • 作者: 安藤美冬,岩瀬大輔,刈内一博,額田純嗣,廣優樹,佐渡島庸平,柿内芳文,為末大
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2014/02/24
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る