104日記

 主に雑記。

「正社員」なのに「最低賃金」?

f:id:atal:20170111093441j:plain

 

最低賃金額を押さえておきましょう。

ブラック企業がどうかを見極める

上でもポイントになります。

 

たとえ正社員で働いていたとしても

計算してみると、最低賃金額で

働いていたなんてことも。

 

実際、そういうことも

少なくないそう。

 

1月9日現在、

東京都の最低賃金額は、932

東京都最低賃金は10月1日から時間額932円になります | 東京労働局

 

神奈川は、930円

最低賃金のお知らせ【賃金室】 | 神奈川労働局

 

東京都の最低賃金の

時給で、1日8時間、

月に22日働いた場合の

 

基本給は

16万4千32円になります。

 

つまり都内で正社員で働いていて

基本給(手当などを引いた額)が上記の場合、

最低賃金額で計算されています。

 

そして最低賃金額に基づくと

最低残業額もわかります。

932×1.25= 1,165円になります。

もし20時間残業した場合、23,300円。

例えば「固定残業制」や「みなし労働」で

20時間分があらかじめ含まれる時、

それが23,300円だったら、

最低賃金で計算されています。

 

1時間あたりの賃金は、

自身の労働市場における価値を測るための

一つの基準にもなります。

求人票を見る際はしっかり確認しておきましょう。

 

最低賃金法に基づき賃金の最低額が定められています。

使用者は最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければなりません。

 

また「最低賃金」は高校生のアルバイトで

問題になることが少なくないそうです。

mainichi.jp

 

最低賃金に関しては、

以下の記事も面白いです。

ただ上げればいいわけじゃないんですね。

 

最低賃金を上がると嬉しい人と失業する人。

getnews.jp

http://hiro.asks.jp/