104日記

 主に雑記。

体重を記録するのは無駄!記録するなら食べたものを

f:id:atal:20170810212122p:image 

体重をはかるのがつらい?
そんなあなたに朗報です。

ダイエット中は体重計に乗る必要ありません。

ありえないですか?
いーや、アリエールでしょ(黙

なぜ、体重計に乗る必要がないのか?
また記録する必要がないのか?

その理由を明かします。

体重は1日で変わらない

f:id:atal:20170810220944j:plain

どうですか?

体重を量るたびに体重が減ってたら?

ホラーです。

体重はドーンといきなり変わりません。
毎日量っても似たような数字を見るだけ。

変化がないです。

変化がないこと
記録し続けるのってつらいですよね。

変化があるものが楽しいです。

毎日体重を記録する必要がない理由
その1は

変化がなくやりがいがないから

 

むしろ体重を量るのはマイナス

f:id:atal:20170810221027j:plain

また、もしあなたが今の体重を

「自分らしくない」

と感じていたら?

セルフイメージに合わない体重
これを何度も直視するのはつらそう。
(ドMの人は別ですよ)

記録のために体重をまいにち量れば、
「自分らしくない体重」を
まいにち見るハメに。

結果として
その体重があなたのセルフイメージに結びついてしまうおそれすら…

毎日体重を記録する必要がない理由
その2は

  • メンタルに良くない
  • まちがったセルフイメージをもってしまう

 

体重の増減はあなたのコントロール外

 

体重は変えられません

って言ったらどう思いますか?

たしかに痩せることはできます。

でもそれは長期においてです。

「明日までに3キロ減らしたい」

と思ってもむずかしいですよね。
どんなに努力したところで。

短期では体重の増減は、
あなたのコントロール外

言われれば当たり前ですが
すぐにやせようとがんばっちゃう人が多いです。

そして毎日体重を記録することで
間違った期待感をもってしまいます。

短期では
体重に対しあなたは無力です。

また「短期間で痩せる方法」は、
リバウンドのリスクが高いということも言っておきます。

毎日体重を記録する必要がない理由
その3は

短期では…

あなたは体重の増減に対して無力だから

 

食事の記録はできること

f:id:atal:20170810220607j:plain

記録するのはできたことです。

体重の増減はあくまで結果です。
体重自体はどうすることもできません。

できることはなんでしょうか?

それは、食事運動です。

ポイントは
コントロールできることを記録する。

だからやるべきは

・食べたものの記録
・運動した記録

コントロール内の行動は、
変化も感じやすいからです。

オススメは、
食べたものの記録。

レコーディングダイエット
です。

 何を食べるかはあなたのコントロール内

ファストフードや
コンビニで済ますのか?
それともヘルシーな食事をとるのか?
あなた次第。

「夕食何食べようか」
あなたの自由です。

だから変化も感じやすい。

記録するなら食事です。

最初は完璧につけようと思わず、
できる範囲から

手帳やスマホのメモアプリに
ちょこちょこメモる程度でOK
もしくはさくっと写メでOK

個人的には
レコーディングダイエットは
魔法のダイエット方法
だと思っています。
多くの人におススメできる方法です。
その点についてはまた後日。

ともかく

記録するのはできたこと。

 

補足

いつ体重をはかるのか?

「一週間に一回ていど」

あくまで定点観測。
たまに測れば大丈夫。

どうしても毎日体重を計りたい人は、痩せ始めてからで。
成果が出ている時は楽しくなりますからね。

楽しく痩せましょうね。

FYTTEダイエットダイアリー365Days

FYTTEダイエットダイアリー365Days

 
レコーディング・ダイエット決定版 (文春文庫)

レコーディング・ダイエット決定版 (文春文庫)