104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

救急車呼ぶべきか相談したいときはアプリ「Q助」を

f:id:atal:20170928133300p:plain

 

救急車呼んでいいか迷いませんか?
そんなときにおススメのアプリを紹介します。

アプリ名は、全国版救急受診アプリ「Q助」 - 消防庁

「119番すべきなの?」

ともう迷わなくなります。

ところでいま救急車の利用が問題になっていること知ってましたか?

そういえばよく救急車のサイレンの音を聞くようになったと思う人もいるかもしれません。実際に利用は増えてきています。
なかには「軽症」であるにもかかわらず「119」番するケースも。

それによって本当に必要な人が利用できないケースが…

f:id:atal:20170928132515p:plain


救急車の適正利用が課題となっています。

 

 実際にあった事例

f:id:atal:20170928192929p:plain

次のような理由で119番するケースも。

「どの病院に行っていいかわからない」

「やけどをした」

「子どもがケガをした、対処の仕方を教えてほしい」

「救急車でいけば優先的にみてもえると思って」

「包丁で指をきった、血は止まっているけど病院まで連れて行ってほしい」

「タクシー代がかかるので」

f:id:atal:20170928132257p:plain

「眠れなくて、だれかに話をきいてもらいたくて」

「ゴキブリが出て気分がわるくなった…」

「お客が寝込んで起きない」

もちろん本人にとっては大変なことだと思います。
ただこれだとタクシー代わり、もしくはパシリですよね。

119番で要請があれば駆けつけるのが原則、上のような利用をされてしまうと本当に必要な人が利用できなくなってしまいます。

実際、救急車を利用した人の半分は「軽症」だったという分析も。

東京消防庁<安全・安心情報><救急アドバイス><救急車の適正利用にご協力を!><救急車の適正利用のお願い!!>

 

助けられるいのちを助けるためにできること

f:id:atal:20170928125514p:plain

救急車を呼ぶべきか?

全国版救急受診アプリ「Q助」をつかえばスピーディーに判断できます。

 

まず、年齢や症状を選んでいきます↓(画像はweb版Q助

f:id:atal:20170928192250p:plain

 

すると、緊急度を4つのレベルで教えてくれます。

f:id:atal:20170928125544p:plain

 画像引用:App Store

1.いますぐに救急車を呼びましょう

緊急性が高いと思われます。今すぐに119番に電話しましょう。

 

2.できるだけ早めに医療機関を受診しましょう

2時間以内をめやすに病院に行かれた方が良いでしょう。

 

3.緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう

緊急ではありませんが、受診した方が良いでしょう。夜間でしたら、翌日の診察でも構いません。

 

4.すべての項目に該当しない場合

継続的に様子をみて、症状が悪化した場合、変わらずに続く場合、他の症状が出現した場合は、医療機関の受診を考慮してください。

 

迷ったら電話による相談も

電話で相談する方法もあります。
119番をする前に、救急車を呼ぶべきかで迷ったら「#7119」にかけくると24時間年中無休で相談にのってもらえます。

#7119 救急相談センター

医療リソースは限られています。
可能であれば救急車を呼ぶ前にQ助のようなツールを使うことで救えるいのちを確実に救うことができるはずです。

 

最後に

 「救急車を呼んだほうがいいのかな?」

「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」

と迷うまえにダウンロードを。

また高齢の方がご自宅にいる人には必須といえます。

全国版救急受診アプリ「Q助」

全国版救急受診アプリ「Q助」

  • 消防庁
  • メディカル
  • 無料

 

 アンドロイド版はこちらから→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.elmc.emergencyapp&hl=ja


※救急車を呼ぶなと言っているわけではありません。緊急の場合は119番を。