104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

自分と他人はじつは別の現実を見ている 脳科学 RASについて

 

前回からの続き

「気になりだしたら止まらない理由」

を紹介します。むしろこっちがいいたいことになります。

www.subete104.com

前回書いたように、クラハドールの服の「う〇こ」のような装飾を一度意識すると4巻を読むたびに見てしまいます。

f:id:atal:20171024093728j:plain

気づかなければ読み飛ばせていたのに一度気になったら見るたびにまずそこを見てしまいます。

これはズバリ

RAS

という脳の仕組みのせいです。

※RAS…Reticular  activating   systemの略、「脳幹網様体賦活システム」のことです。

あえて読むと「レティキュラー アクティベイティング システム」

このRASの働きによって自分にとって「大切なこと」、「重要な情報」に注意が向くようになります。

  • 自分の名前
  • 自分の顔のほくろやシミ
  • 自分の載っている車、欲しい車などなど

自分の名前はどんなに
騒がしいところでも聞き取れます。
またYahoo!ニュースで
あなたが読むか、
読まないかを決める
選択にも関係してきます。

またたとえば、
外出するとき、特定の色(たとえば赤)を
意識すると、慣れていた街並みの風景が一変します。
「こんな看板あったんだなあ」と色をフックにして見つけることができます。

ふだん重要でない情報は視界に入っていても「見えません」。

ぼくらは現実をあるがままに見ていないのです。

「RAS」という脳のフィルターを通して見ているからです。

f:id:atal:20171024093957j:plain

サンジの脳のフィルターを通せば、女性だけしか見えないわけです笑

船の上ではナミやロビンの言動しか注意が向いていない、間違いないですよね。

たとえばサンジが「ギロギロの実」の能力者ヴァイオレットに心をみられたときも…

(ヴァイオレット)
「"心覗き"(ビービングマインド)!!!」

「きゃああああ」

「…ふ…!!ふしだらなっ!!!
ふしだらァ〜〜〜〜!!?」

「こんなピンク一色の頭の中見た事がないっ!!!」

『ONE PIECE』72巻 第712話 "ヴァイオレット" より

ONE PIECE 72 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 72 (ジャンプコミックス)

 

 

このRASから言えることは、自分と他人は別の現実を見ているということ。

  • 痩せている人と太っている人、
  • お金持ちとそうでない人
  • 海賊王を目指すルフィとただの海賊

 では別の現実を生きているわけです。

じゃあRASを有効に使うには?

手っ取り早いのは、

環境を変えること

具体的には付き合う人を変えること。
誰と付き合うかで興味や関心は変わってきます。

友達の趣味が「伝染った」(うつった)経験ありませんか?

ルフィたちのように素晴らしい仲間を作る!!

これこそが人生を良くすること!!

ONE PIECEを読むたびにそう思わされます。

まとめ

RASという独自のフィルターを通して現実を見ている!

環境を変えれば、価値観が変わり成長する!!

ONE PIECE モノクロ版 61 (ジャンプコミックスDIGITAL)