104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

ワンピースのような面白い作品を描くには?尾田栄一郎先生の答えがヤバイ!!

 ONE PIECE magazine Vol.1 (集英社ムック)

尾田栄一郎先生のプロフェッショナルな仕事の流儀

「プロフェッショナル仕事の流儀」に尾田栄一郎先生が登場。実現したら「ONE PIECE」ファンとしては絶対に観たい。実現する日はくるでしょうか。

スラムダンク」「バガボンド」などの井上雄彦先生の回はまさに神回でした。

第126回 井上雄彦(2009年9月15日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

バガボンド(6)(モーニングKC)

バガボンド(6)(モーニングKC)

 

映像ではないですが、尾田栄一郎さんの仕事の流儀をジャンプ+で一部知ることができます。

「ジャンプ+」は少年ジャンプによるWEBマンガ誌。ネットでみれますが、アプリをダウンロードしている人も多いと思います。

少年ジャンプ+|少年ジャンプが贈る最強!無料!のWebマンガ誌

「ヒット作のツメアカください!」

shonenjumpplus.com

そのジャンプ+で連載されている

『ヒット作のツメアカください!』で尾田先生の仕事について紹介されている。

「ヒット作のツメアカください!」は天望良一(あまみよしかず)先生の作品。

ヒット作の秘訣を探るインタビュー漫画。

この記事執筆時は連載2回目ですが、どちらも尾田先生のエピソードが紹介されています。

心のエナジードリンク

圧倒的なプロの仕事を見ると、見ているこっちも勇気ややる気をもらえますよね。たとえばイチロー選手の試合や取材したドキュメンタリー番組を観て胸が熱くなった人も多いと思います。プロフェッショナルの仕事は見ている人をやる気にさせます。

まさに心のレッドブル!!

そして尾田栄一郎先生のエピソードもファンだけでなく多くの人を熱くさせます!!

面白作品を描くためにはどうすればいい?

「ヒット作のツメアカください!」の内容を一部紹介。Q&AのAが尾田先生の回答やエピソードです。

Q. どうすれば面白い漫画が描けるのか?

 

A. 『ヤバイの』を描くんですよ 怒られるギリギリのところまでやばいのを

なぜヤバイのを描くべきかというと、目立たせるため!!

いまはものすごく多くの漫画作品があります。その中で読んでもらうためには目立たせないといけないということ。

具体的には、「この作者ヤベェ!!!と思わせる」こと。そして「そのためなら何でもする」ことだと語ったそうです。

もちろん単にヤバイの書くだけだとひかれてしまいます。

そうならないためには読者を面白がらせる。そうすることで説得することが必要ということです。

創作ノートはどれくらいのペースで書いているのか?

Q.創作ノートはどれくらい書いているのか?

 

A.2週間で1冊を埋めるペース!!

※創作ノートとは漫画家さんのアイデアノートのこと。

落書き、アイデア、ストーリーなど大学ノートにガンガンアイデアを書きまくっていたといいます。連載中の話です。マジでヤバイですね。

ワンピースという作品もそうですが、努力の量も圧倒的です。。

以上!!

shonenjumpplus.com

shonenjumpplus.com

[まとめ買い] ONE PIECE モノクロ版(ジャンプコミックスDIGITAL)(1-50)