104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

「わたしを離さないで」原作をまだ読んでいないあなたへ カズオ・イシグロ作品の魅力とは?

f:id:atal:20171209154133j:plain

ドラマと原作はまったく違う

わたしを離さないで」は、TBSで、綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさん出演でドラマ化されました。

ドラマは見たけど、原作を読んでいない人は、損してます!ドラマと原作はまったく異なります。

たしかに大まかなストーリーは同じ。でも中身の印象はまったく異なります。細部も違います。別作品。というのも原作をそのまま再現するのは、でテレビでは難しいと思われるからです。この点について言及は以下の理由で避けます。

すごく変わった小説であり、(略)予備知識は少ないければ少ないほどよい作品なのである

『わたしを離さないで』巻末解説より

個人的には、ドラマはドラマで楽しめました。

 

カズオ・イシグロ作品、最大の特徴・魅力

カズオ・イシグロさんはジャンルを絞らない作家で有名。様々な作風の作品がありますが、あえて、一番の魅力を紹介するなら、

抑制された表現

決してあわてず、急がず、じわじわと物語の切迫感を募らせていくその抑制ぶりは本当に素晴らしい。

『わたしを離さないで』巻末解説より

寸止めの表現です。

控えめな表現方法だからこそ、読み手の想像力がかきたてられます。想像が膨らみ、作品世界にグッと引き込まれる。

また「わたしを離さないで」では、主人公キャシーの回想というカタチで物語りが進む。そのため、自分自身の記憶が刺激され、自分の内面と向き合っているかのような感覚を抱きます。

読むかどうか迷っているあなたへ

『わたしを離さないで』は、とても切ない作品です。でも不思議と読後は、温かい気持ちになる作品だと思います。

読むかどうかは、巻末の柴田元幸さんの解説を読んで決めることをすすめます。本屋さんに行けば読めます。解説の中ではネタバレはありません。

ただ本書を手に取ったら、どこからか声が聞こえてくるかもしれません。

 

「その手を離さないで」

 

以上!!