104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

夜空を見上げるのがもっと楽しくなるかも!!『月のこよみ 2018』

月のこよみ 2018: 365日の月の満ち欠けがわかる

2018年、夜空をもっと楽しみませんか?

『月のこよみ 2018年』

夜空を見上げてますか?忙しいと夜空を見上げる余裕のない時もありますよね。今回は夜、空を見上げるのが楽しくなる本を紹介。

紹介する本は、『月のこよみ 2018』。

星座も楽しめる

f:id:atal:20171211210817j:plain

この本がイイのは、星座も楽しめること!!

月のこよみなのに星座?と思うかもしれません。

空のこよみ」というページがあります。それを見れば、その日の「月」の近くになる星座や星が一目でわかるようになっています。

「月があるあたりの星座・星」

がわかるのです。

たとえば本書を開けば、1月27日に月の近くで輝く星は「アルデバラン」だとわかります。オリオン座しかわからない僕のような人でも月を目印にすれば星座を楽しめそうです。

プライベートでも活躍するかもしれません。お子さんがいる人は子ども星座や星を教えてあげられますし、デート前にチェックしておけば、夜景を見ながらさりげなく披露できるかもしれません(これ見よがしに知識をひけらかすのはダメですよ)。

月のイベントも

その他にも

  • 夕暮れ、宵(日暮れ)や明け方の空を知りたい
  • 地平線から昇る月の時刻を知りたい
  • 2018年の月にまつわるイベント(ニュース)を知りたい

という人にもオススメです。

月のニュースということで本書の中から一部紹介すると
1月2日はスーパームーン!!一年で一番大きく月が見える日です。

そして1月31日には皆既月食。2018年は、あと一度皆既月食が見られますが、その日は是非『月のこよみ2018』でチェックしてみてください!!

薄くてコンパクトな本ですし、手元に一冊置いておきたい本といえます。

2018年はもっと夜空を楽しみましょう!

夜空を見上げ、月を見る回数が増えれば、流れ星チャンスにも訪れるかもしれません。夜空を見上げる回数が増えれば、2018年の、

 

あなたツキも上がるはず!!

 

ありがとうございました