104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

「やばい」の広辞苑の意味が深い!「のめり込みそうである」

広辞苑 第七版(普通版) 初回限定特典付 三浦しをん書き下ろし文庫判小冊子「広辞苑をつくるひと」

kojien.iwanami.co.jp

LINEの送信が取消せるようになりました、やばいです。

LINE誤爆はあわてず対処!「送信取消機能」が公開されました。 : LINE公式ブログ

「やばい」といえば…

広辞苑の今回の改定で「やばい」に意味が追加されたそうです。

やばい」の欄に前から載っているのは、

不都合である。

危険である。

出川哲朗さんの「やばいよやばいよ」がこれですね。

一方、みちょぱ(若者)が使う「やばい」の意味が今回追加に。

新しく追加された「やばい」の意味は、

のめり込みそうである

たとえば、

美味しくて「やばい!」と言う場合は、

「はまっちゃいそう」といったニュアンスが含まれてますよね。

一方、あのタレント・アイドルが「やばい!」と口にする場合は、

「魅力的、ファンになりそう」といった意味合い。

どちらも「のめり込みそう」で説明できます。やばい」のいろんなニュアンスが簡潔に表現されています。

これまでどこか肩身の狭かった「やばい」。広辞苑に収録されることで市民権を得るかも。

広辞苑に収録される基準

そもそも広辞苑はどういう基準で言葉を追加するのか?

それは、

いつからいつまで使われていたか

がはっきりしている言葉を載せているそう。

「今、リアルタイム」で使われている言葉が収録されるわけではないのです。

使い終わった言葉(死語になった言葉)が収録されるのです。

いま使っている言葉は調べる必要がないですよね。リアルタイムで使われている言葉は小型の辞書の役割。

そして

100年前の日本語までが読めること

が一つの基準になるそう。

どういうことかというと、

1917年くらい以降の本の言葉がわかるようになっているそうです。

 

でも今回の改定では、現在使われている言葉も収録予定。たとえば、「ブラック企業」、「がっつり」、「LGBT」など。

広辞苑の役割が変わってきたといわれています。

言葉の変化、意味の違いをみつめる

世の中の激しい動きにともない、言葉の意味も変化していきます。新しく生じた意味は、その定着度を吟味しながら過不足なく加えました。

また、言葉を発信する機会が増え、それぞれの言葉の意味を的確に把握し表現したいというニーズも増しています。

『広辞苑 第七版』特色 - 岩波書店

最後に「やばい」以外に新しい意味が追加される予定の言葉を3つだけ紹介すると、

  • 炎上
  • 盛る
  • はじける

炎上

インターネット上で記事などに対して批判や中傷が多数届くこと

盛る

大げさにする

はじける

羽目をはずして浮かれる。

10年ぶりの大改訂で新たに一万項目が追加された「広辞苑」。このタイミングで家に備えておくのもアリではないでしょうか。

冒頭のLINEの送信取消ですが、注意点もあります。取消後、「メッセージの送信を取り消しました」と表示される。つまり「取り消した痕跡は残る」ということ。また、バージョンなどによっては通知画面にはそのまま残る。今後変更されることになりそうですが、

現状でも誤爆はヤバいです!!

 

以上!!

参考:

www.tbsradio.jp

http://kojien.iwanami.co.jp/assets/pdf/media/kojien7_leaflet.pdf

kojien.iwanami.co.jp