104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

『意識しない力』あなたの潜在力を引き出す科学的な方法

アキラ100%さんの生放送での失敗(放送事故?)が話題になりました。

www.excite.co.jp

ガチで勝負していたことで、逆に評価する声もあったようです。

とはいえ、誰しも大舞台で失敗したくはない。

そこで今回、

「失敗を防ぎ、本番で最大限のパフォーマンスを発揮する方法」

を『意識しない力』の中からシェアしたいと思います。

「意識しない」力 うまくいくときは、結局みんな、自然体

なぜ人は失敗するのか?

それは、

意識するから

意識するとぎこちない動きになってしまう。誰もが心当たりがあるはず。

  • 練習ではうまくいったのに試合では失敗する
  • 友達とは自然と話せるのに好きな人とはぎこちなくなる、など

試合本番になるとうまくプレーできなくなるのは、フォームを過度に意識するからです。

そのため失敗を避けるためには

「意識しない」

状態を目指す。

すなわち「無意識に動ける」ようにすればいいのです。

ではどうすればいいのか?

無意識の力を引き出す4つのアイデアを本書より紹介。

 

無意識の力を呼び起こす「4つのスキル」

f:id:atal:20160512201924j:plain

1.ぼんやりと「自分」と向き合う時間を持つ

無意識を目覚めさせるには、

「無」になる時間を持つことが必要です。

ぼんやりしているとき限定で
活発になるシステムがあります。

デフォルトモード・ネットワーク」という脳のシステムです。

簡単にいえば、脳のメンテナンスのしくみ。記憶を整理したり、反省したり、ひらめき生みやすくしています。

ときには、スキマ時間にスマホを使うのをセーブして、ぼーっと景色を眺めてみましょう。

そういえば映画やマンガで描かれる天才キャラはどこかぼーっとしていることが多いですよね。

 

2.「千本ノック」でひたすら鍛錬

千本ノックの目的は?

それは、意識をしなくても勝手に体が動くようになり、無意識でボールをキャッチできるようにするためです。

イチロー選手の言葉です。

「努力せずに何かできるようになる人のことを『天才』というのなら、ぼくはそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを『天才』というのなら、ぼくはそうだと思う。人がぼくのことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです」

デール・カーネギーもスピーチを上達する一番大切なこととして、「一にも練習、二にも練習。練習以外にありません」と『話し方入門』の中で書いています。

話し方入門 新装版

話し方入門 新装版

 

練習は裏切らない!!

 

3.「かたち」から入って「無意識にできる」まで繰り返す

最初は「型」からスタートし、それを意識せずにできる状態を目指す。

空手道、柔道、合気道、華道、茶道など。徹底的に最初「型」を叩き込みます。

ルーティン、反復こそがあなたの力を引き出します。

4.選択しない こまごまとしたことは自動化する

何かを選択すると意志力が消耗します。
だからこそ、「選ばない」工夫をする。

例えば、着る服の種類を限定する。

「シャツは白だけ」のように。

オバマ前アメリカ大統領がグレー系のスーツしか着ないのは有名です。

「毎日起こる小さな問題に無駄な時間をとられないようにしないといけません。私はいつもグレーかブルーのスーツしか着ないことにしています。…
私にはもっと重要な決断が他にたくさんあります…」

 

本書『意識しない力』感想

個人的に文響社の本は、好きな本が多いです。

本書も文響社だったので割と即決してしまいました。

何かに「追われている」ような忙しさを感じている人にはお勧めです。

ところで、最近Netflixで観れるようになった

AKIRA

アキラが100%の力を発揮すると世界が崩壊してしまう
という話でした(ちょっと違う?)。とにかくオススメです。

www.netflix.com

まとめ

あなたの無意識の力(フォース)を引き出すためには、

  1. ぼーっとする
  2. ひたすら練習
  3. 「型」の反復
  4. 選択の数を減らす

無意識の力で100%の力を発揮していきましょう!!