104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

人生100年時代、がんになりたくないなら日光浴をしよう

f:id:atal:20180311114557j:image

人生100年時代、健康への投資が大切です。できれば大病などもせずいつまでも健康でいたい。そのためは"D"が大切です。

ビタミンDでがんリスクが減

「ビタミンDが低いとがんのリスクが高まる」
国立がん研究センターが論文で発表したそうです。

血中ビタミンD、がんリスク低下か=食事、日光浴で予防期待-国立がんセンター:時事ドットコム

がんセンター:ビタミンDで「がんリスク減」 2割程度 - 毎日新聞

当論文によれば、

  • ビタミンDが不足するとがんになるリスクが高まる
  • ビタミンDはがん細胞の増殖を抑える働きがある
  • ビタミンDはがん細胞を死滅させる働きがある
  • 特に肝臓がんでその傾向が顕著とされる

骨をつくるにはビタミンD

筋肉をつくるにはタンパク質。

骨をつくるにはなんでしょうか?

カルシウム?

実は、ビタミンDが重要なのです。

以前も紹介しましたが、ビタミンDを取らなければ、カルシウムを摂っても意味がないのです。ビタミンDとカルシウはセット取ることが大切とされています。

www.subete104.com

骨にはビタミンDです。

ビタミンDを摂るには?

  • ビタミンDはサケなどの魚介類やキノコ類に多く含まれる
  • 日光浴によって体内でつくられる

多くとればいいというわけでなく、一定量を超えるとほとんど効果はなくなるとされます。なんでも摂りすぎはNG。

今回の論文を発表した研究所の室長曰く、

サプリメントに頼るよりもバランスのとれた食事や日光浴を心がけることが大切とのこと。

同センターの山地太樹・分子疫学研究室長は「ビタミンDの摂取は食事のバランスに加え、適度な日光浴が重要だ。ただ、血液中のビタミンD濃度が高ければ高いほどよいわけではなく、サプリメントなどで過剰にとる必要はないだろう」と話している。

がんセンター:ビタミンDで「がんリスク減」 2割程度 - 毎日新聞

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)