104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

初心者には厳しい『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 これだけは観ておけ!

Avengers: Infinity War (Original Soundtrack)

初心者にはハードルが高すぎる。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は予習が必要。

理由は以下。

  • ラストが…
  • ヒーローの見せ場が…
  • ラスボス・サノスに感情移入する可能性が…

以下ネタバレけっこうあり。決定的なネタバレは避けてます。

問題のラストの件

本作は2部作の1作目。

『インフィニティ・ウォー』は2部構成。2部作目は2019年春公開とのうわさがある。
だから今回はきれいに終わらない

非常に問題のある終わり方になっている。

入門作品としては、ちゃんと終わったほうがいい。一区切りとして完結していたほうがいい。

多分、初見の人が今回のラストを観たら、

頭の中は、

!!??

モヤモヤした感じで映画館を出る人が多いと思う。

 

個々のヒーローの見せ場が少ない

見せ場はそのヒーローの紹介。見せ場の少ないヒーローは何者かわからない。応援しづらい。今回はとにかく登場キャラが多い。一人ひとり丁寧に描けない。

たとえば、今回の敵のスケールは銀河規模。本来肉弾戦で映えるキャプテンアメリカの見せ場も少ない(個人的には登場のシーンでOK)。

もちろんキャプテンは戦闘だけでなくリーダーの役割もあるが今回初見の人にどう映ったか?今まで見たことがない人がどれだけ応援したくなるか?

スパイダーマン、ドクター・ストレンジ、アイアンマン、ソー、ワンダは中でも見せ場があった(ラストの展開からすれば納得)。

 

ラスボス・サノスに感情移入してしまう

Thanos glove サノス 手袋 コスチューム マスク バネ風 メンズ ハロウン インフィニティ ウォー マスク イベント 舞台 仮面 お面 コスチューム 変装道

このようにヒーロー側がアベンジャーズ初見の人にとって十分描かれていない。
相対的に初見の方はサノスに感情移入するのではないか。

今回マーベルヒーロー VS サノスの構図になっている。

サノスはヴィラン(悪役)を一人で担う。手下はいるがサノスに比べて弱すぎる、存在感含め。そのためサノス存在が際立つ

サノスはただの黒幕でない。非常に深みがある。魅力的な人物に仕上がっている。

彼の立場も100歩譲ってそれはそれで理解できるものになっている。「世界を救う」ために平等な選別・淘汰を目指す。自分の信念のために自らをも犠牲する。

ストイックに野望に突き進む姿は、もはやヴィランなのか、と感じさせる瞬間も。

(また筋肉ブームもサノスにとって追い風になるかもしれない。ゴールドジムにサノスがいても違和感はない)

筋トレは必ず人生を成功に導く 運命すらも捻じ曲げるマッチョ社長の筋肉哲学

筋トレは必ず人生を成功に導く 運命すらも捻じ曲げるマッチョ社長の筋肉哲学

 

敵役が映える映画は面白い。

ただ、本シリーズ初見の人は、サノスこそが主役に見えるかもしれない。(その意味で初見に人にとってラストは多くのファンと違う意味を持つかもしれない)

この3作は観ておけ!

次の2本はマスト。

◎『アベンジャーズ』

アベンジャーズ (字幕版)


◎『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (字幕版)

〇『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(字幕版)

欲をいえば本作も。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のキャラが登場するシーンは特に評判が高い。

さいごに

初心者の方は、まずは上の3作品か、そのほかのマーベルシリーズを観てからで。

個人的にはインフィニティウォー楽しめました。観たと後は、「???」だったのですが、あとからじわじわきます(笑)同じように多くの人に楽しんでもらいので本記事を書いた次第です。

以上

cpn.disney.co.jp

marvel.disney.co.jp

marvel.disney.co.jp

marvel.disney.co.jp