104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

マンガ「生理ちゃん」著者は男性?生まれたきっかけは?

生理ちゃん

生理ちゃんの他、童貞くん、性欲くんというキャラクターも登場する。

そんなカオスな?漫画を紹介します。

記事執筆時、オモコロで連載中。

omocoro.jp

生理ちゃんとは?

「生理ちゃん」とは、生理痛の原因を擬人化したキャラクター。

無慈悲に「生理パンチ」を腹部へ放ち、注射器で血液を抜きとる。

共感する女性が続出

  • わかってくれてありがとう
  • ほっこりする
  • 泣ける
  • 彼氏や夫に読ませたい

など話題。

頭痛、貧血、吐き気、むくみ、イライラ。「男はぜんぜん生理痛のつらさを分かってない!とお怒りの方、こちらの漫画をぜひ彼氏や周りの男性にすすめてあげてください。少しは生理の症状をやわらげるために協力してくれるかも。 https://omocoro.jp/matome/113450/より 

生理ちゃんが生まれた背景

著者は男性。小山健さん。

締め切りが迫り、ネタに困っときに思いついたそうです。

そこからネットで調べたり、仕事仲間の女性などに話を聞いてリサーチをしたそうです。

著者の小山さん自身、それまで生理について詳しく知っていたわけではないそうです。

 

男にはタブー感がある「生理」

生理…なんとなく怖さもある。

男の私にとって一言でタブー感がある

それでも女性にとっては毎月のこと。そして人によっては大変なこと。そう考えると女性の悩みの中で結構な割合を占めているのかもしれない。

 

人類理解のために

生理の問題をスルーするのは、人類の半分の悩みや特性を無視しているのと同じ。

男性だからといって見て見ぬフリをするのは、人としてなんとなく冷めている気がする。

人類の半分を理解するためには避けては通れません。

だからと言って、今更「保健の教科書」を開くモチベーションもわかない。

だからこ「マンガ」。

さいごに

読めば女性に優しくなれるはず。女友達、姉、妹、娘、母、彼女、推しアイドルなどなど女性に対してこれまでと違った視点で接することができるようになるかもしれません。

 

生理ちゃん

マンガでわかる男が知るべき女のカラダ 本当に正しい知識で女性を理解する (サイエンス・アイ新書)

マンガでわかる男が知るべき女のカラダ 本当に正しい知識で女性を理解する (サイエンス・アイ新書)