104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

ニート・無職の時にメンタルを病まないコツ

f:id:atal:20160425134835j:plain

無職をして引きこもっていると

ほぼコピペした日常の繰り返し。

まさに終わりなき孤独な日常を生きている感じがします。 

そういう毎日だと何かとメンタルが病みそうになります。

 

いやもしかしたら自覚してないだけで、 

ある程度病んでいる可能性もありますが…

 

引きこもり中でも僕がある程度メンタルを保てていると仮定して

僕なりのメンタルを病ませないコツを紹介したいと思います。

まず最初に言っておくと、

メンタルは決して強い方ではありません。

バイト先で怒られたりすると、

すぐに辞めたくなってました、すみません← 

さて、メンタルをそれなりに健康に保つコツですが、

 

一言で言うと、

 

家から出る

  

出かけることです。

これはなんでもいいと思います。

時間もみじかくてよいです。 

 

1時間でも、30分でも、

もしくは10分だっていいと思います。

近くのコンビニに行くのもいいと思います。 

僕がよくやるのは、

カフェやマックに行くことです。

ドトールなら200円ちょっとでコーヒー飲めますし、 

マックなら100円から。 

安いです。

毎日は出費がかさみますが数日おきなどでやってみください。

 

良くないのは一日中室内にいること。

1人で部屋にいると、どうしても思考はうつうつとするような気がします。

ぐるぐると回る思考を「反芻思考」といいますが、メンタルには良くないそうです。

孤独な時間がストレス解消になる

またこれは男性の特にその傾向があるそうですが、

「孤独な時間」がストレス解消になることもあるといわれます。

家に家族などがいるとそれだけでストレスになることがありますよね。

その意味で外に出て一人の時間を過ごすだけで心の安定が得られます。

 

またいろいろな人を見るだけでも

なんか気持ちに余裕が生まれることもあります。 

もちろん 

知り合いに会いたくないから 

外に出たくない人も多いと思います。

午前中のマックや図書館がおススメ

そこで

オススメは、

午前のマック。

場所によるでしょうが、

お客さんのほとんどが

おじいちゃん、おばあちゃんみたいな感じ笑

知り合いに会う確率は極めて低い。

 

あとは、昼間の図書館もおすすめ。 

最近は図書館の居心地がかなり良くなってきています。

お金もかかりません。

本や漫画を読むだけでも

いいリフレッシュになります。

 

昨日と何か一つだけ違うことをする

理想を言えば、

非日常を体験できれば尚良いと思います。

普段ならしないことを何でもいいからやってみるのも良いです。

 

絶対頼まないメニューを注文する。

普段なら読まない分野の本や漫画を読んだり、

観ないような映画を観る。

昨日までの日常に変化を加えることも心を健康に保つポイントだと思います。