104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

「カメラを止めるな!」に投資しよう! どんな映画かネタバレなしで紹介

f:id:atal:20180827195201j:plain

カメラを止めるな!」をまだ観る気がないあなたへ

「カメラを止めるな!」観てきました。

少し前に行ったときは満員で渋々帰宅。ようやく観れました。

ネタバレなしでどんな映画か紹介します。

またこの映画の特徴の1つは、劇場内の雰囲気。

その劇場の雰囲気がどんな感じかも紹介します。

個人的には、予備知識ゼロじゃなくても(オチを知っていても)楽しめる映画だと思いますが。

基本は「予備知識ゼロ」で観たたほうがイイ映画。

まだ観てない人にネタバレをする人は「極刑」に処すべきと考えます。

ここからは、決定的なネタバレはないですが、何の先入観も入れたくない人は読まないように。

タブラ・ラサ(白紙)の状態で観たい人はここで記事を閉じてください。

 

どんな映画?

 

  • 基本はコメディ
  • 劇場は笑いに包まれる
  • 泣ける映画
  • 元気が出る

 

基本はコメディ

この作品は、単に「ドンデン返しを楽しむ」映画ではありません。

予告や評判の雰囲気を見た人はもしかしたら「パルプフィクション」のような大ドンデン返しがある映画で、そのカタルシスを楽しむ映画、みたいな印象を抱いているかもしれません。

パルプ・フィクション (字幕版)

しかし本作は、基本コメディ。

笑いがあります。そしてとても愉快で楽しい映画です。

ほぼ満員だった劇場内はたくさんの笑いに包まれていました。

たくさんの笑い声のなかで映画を見たのは初めて経験でした。

幸せな映画体験になりました。

これを味わえるのは公開している今だけ。期間限定です。

いつの間にか涙

笑いも手伝い気づけば作品世界に没入し、いつの間にか登場人物たちに感情移入していた。そして最後は感動させられていました。

元気が出る

映画も本と同様に、”薬”になります。

この映画の効用は、元気が出る!

最近、モチベーションが低下気味の人には是非観てもらいたいです。

そして勇気をもらえます。明日からも頑張ろうと思えます。

中盤から尻上がりにどんどん盛り上がっていき、最高潮でクライマックスを迎えます。

だから観ていて「アガります」。

f:id:atal:20180828200000j:image

俳優陣が素晴らしい

別に有名俳優が出なくても作品が面白ければ映画として立派に成立する、そんなことを考えさせられます。 

きっと俳優陣のみんなを好きなるはず。

あえてさいごに気なったところを

観客にリピーターが多すぎ(笑)明らかに前半の反応がリピーターといちげんさんで反応が違う。常連は、前半から全くわからないタイミングでくすくす笑っている。

あえていえばそれが少し、疎外感というか、若干ノイズになったところもなくはなかったです。

さいごに

本作品の予算は、300万円。ハリウッド映画は、2秒とつくれない予算規模。にも関わらずブームを引き起こしている。映画学校の教科書的な作品にもなりそうですし、日本アカデミー賞が楽しみです!

そして一回観たら必ずもう一回観たくなる映画でもあります。

「カメラを止めるな!」のリターンはデカイです!

kametome.net

www.youtube.com