104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

「獣になれない私たち」の後に「大恋愛」を観ると心のモヤモヤが晴れる

IQUEEN VOL.7 戸田恵梨香 (PLUP SERIES)

「獣になれない私たち」、セクハラされるガッキーを見るのはつらい…ガッキーには癒やされたかった笑

「獣になれない私たち」感想など

本記事の結論を最初に言えば、

「獣になれない私たち」の後に「大恋愛」を観るのがオススメ!!

 

予想外でした。

「逃げ恥」のみくりさんみたいなキャラを期待しすぎました。

【早期購入特典あり】逃げるは恥だが役に立つ DVD-BOX(B6サイズクリアファイル付)
 

 ネットの反応もそうだったようで。

  • ラブコメと思っていたけど違う
  • かなりリアルに描かれている
  • ガッキーが痛々しくて見るのつらかった
  • 現実逃避できない

(以下、敬称略)

新垣結衣演じる「晶」(あきら)はパワハラのような理不尽な目にあったりセクハラも受けてしまう。彼氏ともうまくいっていない。日々心をすり減らす晶…

ドラマはある意味逃避

ドラマ(テレビ)は、仕事後とかに癒やしや楽しさを求めて観るもの。その意味で「獣になれない」の1話目は、仕事の後にみるのは、酷かも。

くれぐれも視聴はメンタルの良い時に。

「獣」の意味

ガッキーが目指す「獣」とは本能に忠実というよりは、「ドクターX」の大門未知子のように誰にも飼われない自立した女性かもしれない。

獣が意味するところは、恋愛的にまっすぐというより、弱肉強食の社会でもたくましく生きる女性という意味だと思われる。

本能のまま「野生の獣」のように自由に生きられたらラクなのに…

1話目の最後は、晶が反旗を翻す、希望の持てる終わり方になっている。

今後、晶(ガッキー)や周りがどう変わっていくのかが見どころになるのかもしれない。

スカッとする展開も期待できるかも。

「獣」のあとは「大恋愛」

ただ1話だけだと、心が晴れない。このモヤモヤを解消・浄化してくれるのが「大恋愛〜僕を忘れる君と」。

戸田恵梨香演じる、北澤 尚(きたざわなお)は天真爛漫な女性。タイトルのように「まっすぐ」生きている。

「獣になれない」の晶と比べて、尚は、自分の「直観」や「本能」に忠実。

理想の婚約者を捨てでも心に従う。

私のこの行動が正解かどうか、
その答えがいつ出るのか
だれがいつ決めるのかわかりません

でも、理性を超えた本能が私に命じるんです

脇を固める俳優陣の存在感

相手役のムロツヨシも見事ハマってると思うが、松岡昌宏の存在感がいいアクセントになっている。あえてアイドルを”恋敵”に配役したところが個人的にはよかった。
ジャニーズは、主役でなく、脇役や悪役でこそ映えると思う。いつもアイドルという主役側にいる人達だからこそ。脇役のキムタクをみたい。

個人的なハイライト

戸田恵梨香がムロツヨシに「超好きっ!」っていう顔を度々するんだけど、それがすごい。こんな顔をされて落ちない男はいるのかって思う…笑ムロツヨシうらやましいぞ。

ということで

今期バズるドラマとして「大恋愛」に一票。

「大恋愛」に投資してみては?

www.ntv.co.jp

www.tbs.co.jp

Tverの見逃し配信で両方とも視聴できます‼

tver.jp

TVer(ティーバー)

TVer(ティーバー)

  • PRESENTCAST INC.
  • エンターテインメント
  • 無料