104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

シャンクスが五老星に語った「ある海賊」の正体とは?

ONE PIECE モノクロ版 90 (ジャンプコミックスDIGITAL)

■「ONE PIECE 」第907話より

世界会議(レヴェリー)直前に五老星と「密会」したシャンクス。

その時シャンクスが語った「ある海賊」とは…?

さっそく結論ですが、

 「ロックス」と考えるのが自然です。

あるいは、

「ロックスの意志を継ぐもの」です。 

根拠:

  1. 五老星が知らない人物である可能性が高い
  2. ロックス海賊団がまだ存在していたことから
  3. 今回の話(第907話)のタイトルから

それぞれ見ていきましょう。

1.五老星が知らない人物の可能性

f:id:atal:20181014152117j:plain

シャンクスは五老星に「ある海賊について」と言った。

もしカイドウについて話すなら、「カイドウについて」といえばいい。わざわざ「ある海賊」なんて言い方しない。

「ある○○について」という場合、普通に考えれば、相手がそのことを知らないとき。

だから「ある海賊」とは、五老星にとって、シャンクスに言われないとその存在を知る由もない人物。

ルフィや黒ひげ、カイドウなどではない。

五老星がその存在を知らず、世界にとって脅威になる「人物」、

ロックス海賊団の生き残りではないでしょうか。

またロックス海賊団にはカイドウやビッグマムが加入していたと思われます(下記で触れます)。

ロックス海賊団の幹部クラスは、カイドウやビッグマムと同等の力を持っていても不思議はありません。同時に、世界にとって危険な存在になりえます。

だからこそシャンクスは、五老星に直接警告をしにきたのではないでしょうか。もしくは互いの利益のために協力を申し出た可能性もあります。

なぜシャンクスが五老星に伝えるか?

それはシャンクスも五老星も今のところ「乱世」を望んでいないためです。

シャンクスも短期的には、現状のパワーバランスを維持したいものと思われます。

 

2.ロックス海賊団は今も存在していた

f:id:atal:20181014152130j:plain

また同じ第907話ヒナ少将の次の発言から

ロックス海賊団はまだ存在していることがわかりました。

船長を失っても力は増してるわ、ヒナ心配

ロックス自身は「いない」が、ロックス海賊団のクルーたちは存在していること。

つまり「ロックス海賊団」は完全に姿を消したわけではなかった‼

表向きには終わったロックス海賊団…

実際には、ロックス亡き後もその一味は力をむしろ増しているらしい。

これまでのところロックスについてはほぼ何も明らかになっていない。

どこかに身を潜めているのか。

四皇のだれかがかくまっているのか。

謎のベールに包まれています。

また、

シャンクスが「ある海賊について」と語った同じ第907話の前半では

先の少将ヒナの発言もそうですが、ガープら海軍将校たちが「ロックス」について語っていました。

このロックスの話は、あきらかに「伏線」。

「ある海賊」とシャンクスが言った同じ話の前半にロックスについての話題が出ているのは意味がありそうです。

(ヒナ)「ビッグマムとカイドウと言えば」

(ガープ)「『ロックス』か…!!ヒナ、お前若いのによう知っとるのう」

将校たちの話でわかるのは、

  • ロジャーの前はロックスの時代だった
  • カイドウやビッグマムが加入して可能性(少なくとも深い関係がある)
  • ロックスは今から40年前に活躍した海賊
  • ガープが首をとった(倒した)

ロックス海賊団は復活する?!

さらにガープはさきほどのヒナの発言、

船長を失っても力は増してるわ、ヒナ心配

を受けて、その「復活」を示唆するような発言をしています。

(ガープ)「心配などムダじゃ!!復活すりゃ脅威じゃが

事件は必ずわしらの想像を超えてゆく」

このガープの発言はまちがいなく「フリ」。

ダチョウ倶楽部の「押すなよ、押すなよ、絶対に押すなよ」とイコール。

ロックス海賊団、すでにロックスはいないので違う名前の海賊団となっているかもしれませんが、ロックスの意志を継ぐ海賊団が近々復活するのではないでしょうか。

 

3.タイトル 第907話 ”虚の玉座”が意味すること

f:id:atal:20181014152253j:plain

もっと深読みすれば、今回の第907話のタイトルは「虚の玉座」。

虚の玉座とは、誰も座ることがいない王座。唯一絶対の王をつくらないことを意味し、独裁者がいないことを示すシンボルです。

ですが実際には、イム様という唯一の王がいた。

つまり、この「虚の玉座」が暗に意味するのは、

「いないとされている人物は、実はいた」

ということ。

今回の第907話で「いない」とされている人物は、二人出てきます。

まずはイム様です。

あともう一人は、「ロックス」です。

ロックスもすでにガープに倒されて「いない」とされています。

でももしかしたらイム様のように「存在している」可能性はあるのではないでしょうか。

www.subete104.com

まとめ(仮説)

ある人物とは、

  • ロックスの意志を継ぐ者(弟子、子、孫など)
  • ロックス本人

ロックスかどうかはいずれ明らかになると思われますが、

シャンクス、外交(暗躍)してますね~

以上

参考:ONE PIECE  90巻 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE モノクロ版 90 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ONE PIECE モノクロ版 90 (ジャンプコミックスDIGITAL)