104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

「忘却のサチコ」仕事の疲れを忘却させる面白さ

ドラマスペシャル 「忘却のサチコ」【テレビ東京オンデマンド】

「忘却のサチコ」第1話感想

出版社の編集者・佐々木幸子(高畑充希)は、結婚式当日に愛するフィアンセ・俊吾(早乙女太一)に逃げられる。

幸子は、仕事サイボーグのような女性。日々、決められたルーティンを守り、その日のタスクを完璧にこなす。

ところが俊吾に逃げられてからというもの、その完璧さに「ほころび」が出てくる。

つい俊吾のことを考えてしまい、仕事が身が入らないことも。

そんなとき、幸子は「ある法則」を見つける。

それは、「おいしい物を食べる→俊吾さんを忘れる」

ある日仕事のトラブルで疲れ果てた幸子。お腹もペコペコ。思わず老舗すき焼き屋の前で立ち止まる。

俊吾のことをまた思い出す幸子…。高級そうなお店であったが入ることに。そこで出会ったごほうビーフとは?!

「忘却のサチコ」なぜ面白いのか?

www.youtube.com

それはミラーニューロンが関係していると思います。

人は、他人の行動を見ると、あたかも自分もそれをしているように脳は錯覚します。

そして相手と自分がシンクロする。

  • 楽しい人を見ると、楽しい気持ちになり、
  • 悲しンでいる人を見ると、悲しい気持ちになる

同じように、本当においしそうに食べる幸子(高畑充希)を見ると、
こっちもおいしいものを口にしたときのような幸福感を感じるのです。

実際にミラーニューロンは、より他人の行動がリアルに感じられるかどうかで反応が変わると思いますが、そこは実力派女優・高畑充希の演技力。

非常にリアルに感じられる。

さいごに

いろいろ書きましたが30分見れます。

基本1話完結。サイドストーリーとして、フィアンセと再会できるのか?がありますが、2話目からでも十分楽しめます。

一週間の疲れを「忘れ」させてくれるドラマになっていると思います。

記事執筆時点であれば、「Tver」で視聴可能です。試しに1話分だけでも観てみては?

tver.jp

■毎週金曜 深夜0時12分放送

www.tv-tokyo.co.jp