104日記

 ダイエット、投資、読書、心理学など主に雑記

最近の若者が映画館に行かない「たった1つの理由」

f:id:atal:20200201161450j:plain

若者が映画館に行かないワケ

  • 映画館離れが進む理由…
  • 値段が高いからではありません。
  • 面白い映画が少ないからもでもありません。
  • ポップコーンや飲み物が高いからではありません。
  • 一緒に行く恋人や友達がいないからでもありません。
  • NetflixやAmazonプライムが原因でも…あるかもしれません笑  

 

一番の理由は、時間の価値が高まっているからです。

映画館に抵抗を感じるのは、2000円という料金の問題ではありません。

2時間拘束されることによるものです。

 

2時間拘束されるだけの「時間価値」を感じないからです。

2時間拘束されることに対する価値を提供するのはとても難しくなっていると思います。

YouTubeであれば、120分でかなりたくさんの動画を楽しめます。

さらに映画もブルーレイやネットで配信されてからであれば、自由な時間配分で見ることができます。数日に分けてみることも可能です。ながらでも観れます。

ネットで話題になっている作品なら

その意味では、話題になっている作品であれば、観に行く価値はまだあります。

話題になっている作品であれば、YouTubeやラジオ、様々なメディアで語られます。

映画を観に行ったあと、その作品の解説動画も楽しむことができ、時間的にはお得な感じがあります。

ここでいう話題になっているとはバズっているということ。単に興業的にヒットしているだけでは、若者は映画館には足を運びません。

どうしたらいいか

映画も1枚のチケットで何度か入館できたりして、前回の途中から見たりできるようになれば買い物ついでにもっと気軽に行きやすくなりそうです。

兎も角、2時間ずっと拘束させることは今後ますます工夫が必要になっていきます。面白さをどれだけ事前に周知させることができるかが課題になります。

以上